Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

糖尿病性ケトアシドーシス

執筆者:

Erika F. Brutsaert

, MD, New York Medical College

最終査読/改訂年月 2017年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要

糖尿病性ケトアシドーシスは、糖尿病による急性の合併症で、ほとんどが1型糖尿病で起こります。

  • 糖尿病性ケトアシドーシスの症状には、吐き気、嘔吐、腹痛、特徴的な呼気のフルーツ臭などがあります。

  • 血液検査でグルコース(ブドウ糖)、ケトン体、酸の値が高いことに基づいて糖尿病性ケトアシドーシスの診断が下されます。

  • 糖尿病性ケトアシドーシスの治療は、静脈からの水分補給とインスリン投与により行われます。

  • 治療を行わないと、糖尿病性ケトアシドーシスが進行して昏睡に陥り、死亡することがあります。

ブドウ糖は体の主な燃料源です。インスリンは、膵臓(すいぞう)でつくられるホルモンで、血液中から細胞へのブドウ糖の移動を助けます。ブドウ糖が細胞内に取り込まれると、エネルギーに変換されるか、必要になるまで脂肪またはグリコーゲンとして蓄えられます。

十分なインスリンがないと、ほとんどの細胞が血液中にあるブドウ糖を使うことができません。それでも細胞は生きるためにエネルギーが必要なので、エネルギーを得るために予備のメカニズムに切り替えます。すると、脂肪細胞が分解され始め、ケトン体という物質が産生されます。ケトン体は細胞にエネルギーを供給しますが、同時に血液を酸性にしすぎてしまいます(ケトアシドーシス)。

原因

  • インスリンの使用の中止

  • 病気による体へのストレス

病気になると、通常は体により多くのエネルギーが必要になります。そのため、病気になると、より多くのブドウ糖を細胞内へ移動させるために、より多くのインスリンが必要になることがよくあります。病気になっても必要以上のインスリンを補給しないと、糖尿病性ケトアシドーシスになります。

糖尿病性ケトアシドーシスのきっかけとなる一般的な病気には以下のものがあります。

まれに一部の薬(特にナトリウム-グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害薬)によって、糖尿病性ケトアシドーシスが2型糖尿病の場合であっても引き起こされることがあります。

2型糖尿病の一部の人ではケトアシドーシスが生じやすくなります。この種の糖尿病はketosis-prone糖尿病とよばれていますが、しばしばFlatbush糖尿病ともよばれています。この糖尿病は、肥満の人およびアフリカ系の祖先をもつ人でみられる可能性がより高い、まれなタイプの亜型です。

症状

糖尿病性ケトアシドーシスの最初の症状は、強いのどの渇きと頻尿、体重減少、吐き気、嘔吐、疲労などのほか、(特に小児で)腹痛がみられることもあります。酸性 アシドーシス アシドーシスには、酸の産生過剰による血液中の酸の蓄積または血液中からの重炭酸塩の過剰な喪失が原因で発生する代謝性アシドーシスと、肺機能や呼吸速度が低下し、血液中に二酸化炭素が蓄積して生じる呼吸性アシドーシスとがあります。 血液の酸性度は、酸を含む物質や酸を産生する物質を摂取した場合や、肺から十分な二酸化炭素が排出されない場合に上昇します。 代謝性アシドーシスの人では、吐き気、嘔吐、疲労がよく起こるほか、呼吸が通常より速く、深くなります。... さらに読む に傾いた血液の状態を是正しようと、呼吸は深く速くなる傾向があります。吐く息にケトン体の匂いが漏れ出てマニキュアの除光液のようなフルーツ臭がします。治療しなければ糖尿病性ケトアシドーシスが進行して、昏睡や死に至るおそれがあります(特に小児において)。

診断

  • 血液および尿の検査によるケトン体と酸の値の測定

医師は、血液中と尿中のケトン体と酸の値を測定することにより、糖尿病性ケトアシドーシスの診断を下します。糖尿病性ケトアシドーシスの人は、血糖値も高くなりますが、糖尿病性ケトアシドーシスでなくても血糖値は高いことがあります。

医師は通常、胸部X線検査や尿検査なども行って原因となる感染症がないかを調べ、心電図検査を行って心臓に発作が起きていないかを調べます。

治療

  • 水分と電解質の静脈内投与

  • インスリンの静脈内投与

糖尿病性ケトアシドーシスは緊急の治療を要する病気です。入院(通常は集中治療室への入院)が必要になる場合があります。大量の水分に加え、排尿の増加によって失われたナトリウム、カリウム、塩素、ときにリン酸などの電解質が点滴で補給されます。

一般に、インスリンは、早く作用させ量を頻繁に調整できるよう、静脈内投与されます。

ブドウ糖、ケトン体、電解質の血中濃度は数時間毎に測定します。血液中の酸の値も測定します。ときに、血液の酸性度を是正するための追加治療が必要になることがあります。しかし、インスリンにより血糖値をコントロールし、電解質を補充することで、通常は体内の酸塩基平衡が回復します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP