Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

橋本甲状腺炎

(自己免疫性甲状腺炎)

執筆者:

Jerome M. Hershman

, MD, MS, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。

  • 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。

  • 最初、甲状腺は正常に機能していることもあれば、活動が不十分なこともあり(甲状腺機能低下症)、まれですが活動が過剰になっていること(甲状腺機能亢進症)もあります。

  • ほとんどの人が最終的に甲状腺機能低下症になります。

  • 甲状腺機能低下症では通常、疲労を感じ、寒さに耐えられなくなります。

  • 診断は、身体診察と血液検査の結果に基づいて下されます。

  • 甲状腺機能低下症の人は、生涯にわたって甲状腺ホルモンを補充し続ける必要があります。

甲状腺の概要も参照のこと。)

橋本甲状腺炎は甲状腺炎で最もよくみられるタイプで、甲状腺機能低下症の原因として最も一般的なものです。理由は不明ですが、体が自身に対して反旗をひるがえします(自己免疫反応)。甲状腺に白血球が浸潤し、甲状腺を攻撃する抗体(抗甲状腺抗体)がつくられます。

橋本甲状腺炎の人の約50%では、最初に甲状腺の活動の低下がみられます。残りの人のほとんどでは、初期の甲状腺の機能は正常で(ただし少数の人は初期に甲状腺の機能が亢進します)、その後低下します。

橋本甲状腺炎の人の一部は、糖尿病副腎の機能低下や副甲状腺の活動の低下などの内分泌疾患や、悪性貧血、関節リウマチシェーグレン症候群全身性エリテマトーデスなどの他の自己免疫疾患をもっています。

橋本甲状腺炎は、女性、特に高齢女性に多く、家系内で多発する傾向があります。ダウン症候群ターナー症候群クラインフェルター症候群などの特定の染色体異常をもつ人は、この病気を発症しやすくなります。

症状

橋本甲状腺炎は、初めは痛みがなく、甲状腺が硬くなり腫大するか首が膨らんだように感じます。甲状腺はゴムのような感触で、こぶのようにも感じられます。甲状腺の活動が不十分になると、疲労感が起こり寒さに耐えられなくなるほか、他の甲状腺機能低下症の症状も現れます。甲状腺の活動が過剰になる(甲状腺機能亢進症の)人の少数では、初期に動悸、神経過敏、暑さに耐えられないなどの症状がみられます。

診断

  • 甲状腺機能検査

血液中の甲状腺ホルモンであるサイロキシン(T4)と トリヨードサイロニン(T3)および甲状腺刺激ホルモン(TSH、下垂体で分泌されるホルモンで、甲状腺を刺激して甲状腺ホルモンを分泌させる)の量を測定し、甲状腺がどの程度機能しているかを判定します(甲状腺機能検査)。しかし、診断は身体診察の結果と抗甲状腺抗体の有無を調べる血液検査の結果に基づいて下されます。

治療

  • 過剰なヨウ素の摂取を控えること

  • ときに、甲状腺ホルモンの補充

橋本甲状腺炎に対する特別な治療法はありません。

ほとんどの人は最終的に甲状腺機能低下症を発症し、その後は甲状腺ホルモン補充療法を一生続けなければなりません。甲状腺ホルモンは腫大した甲状腺を小さくするのにも有用です。

橋本甲状腺炎の人は、昆布のサプリメントや海藻自体などの天然由来のヨウ素を多くとりすぎないようにするべきです(甲状腺機能低下症の原因になります)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP