Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

亜急性甲状腺炎

(肉芽腫性甲状腺炎、ド・ケルバン甲状腺炎、巨細胞性甲状腺炎)

執筆者:

Jerome M. Hershman

, MD, MS, David Geffen School of Medicine at UCLA

医学的にレビューされた 2020年 10月
プロフェッショナル版を見る

亜急性甲状腺炎は、甲状腺に起こる急性の炎症で、原因はおそらくウイルスと考えられます。

亜急性甲状腺炎は突然発生します。この病気では、炎症によって甲状腺が過剰な甲状腺ホルモンを分泌して 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症は甲状腺が働きすぎている状態で、甲状腺ホルモンの値が高く、身体の重要な機能が働く速度が上昇します。 バセドウ病は甲状腺機能亢進症の原因として最もよくみられます。 心拍数と血圧の上昇、不整脈、過剰な発汗、神経質や不安、睡眠障害、意図しない体重減少などの症状がみられます。 診断は血液検査により確定されます。 甲状腺機能亢進症の管理には、チアマゾールまたはプロピルチオウラシルが用いられます。 さらに読む 甲状腺機能亢進症 が起こり、ほとんどの場合、続いて一時的な 甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンの産生が不十分になる病気で、身体の重要な機能が働く速度が低下します。 顔の表情が乏しく、声がかすれ、話し方はゆっくりになり、まぶたは垂れて、眼と顔が腫れます。 通常は1回の血液検査で診断が確定されます。 甲状腺機能低下症の人は、生涯にわたって甲状腺ホルモンの投与を受ける必要があります。 甲状腺は、体内の化学反応が進行する速度(代謝率)を制御する甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺ホル... さらに読む 甲状腺機能低下症 が発生しますが、最終的に甲状腺機能は正常に回復します。

症状

亜急性甲状腺炎はウイルス性の病気に続いて発生し、多くの人が初めに「のどの痛み」を感じますが、これは、実際は頸部でも甲状腺にのみ生じている痛みです。亜急性甲状腺炎の人の多くが極度の疲労感を覚えます。甲状腺の圧痛はますます強くなり、微熱(約37~38℃)が出ます。痛みは頸部の片側から反対側に移ることがあり、あごや耳に広がり、頭を回したりものを飲み込んだりすると強く痛みます。亜急性甲状腺炎は初期には歯の問題、またはのどや耳の感染症とよく間違えられます。

診断

  • 甲状腺機能検査

  • 甲状腺の放射性ヨード摂取率検査と画像検査

亜急性甲状腺炎の診断は、症状、診察と 甲状腺機能検査 甲状腺機能検査 甲状腺は幅約5センチメートルの小さな腺で、首ののどぼとけの下方の皮膚のすぐ下にあります。甲状腺は2つの部分(葉)に分かれ、中央で結合し(峡部と呼ばれます)、蝶ネクタイのような形をしています。正常な甲状腺は外見では分からず、かろうじて触れることができる程度ですが、甲状腺が腫れて大きくなると、医師が触診すれば容易に分かるようになり、のどぼとけ... さらに読む の結果に基づいて下されます。ときに、亜急性甲状腺炎と バセドウ病 バセドウ病(グレーブス病) 甲状腺機能亢進症は甲状腺が働きすぎている状態で、甲状腺ホルモンの値が高く、身体の重要な機能が働く速度が上昇します。 バセドウ病は甲状腺機能亢進症の原因として最もよくみられます。 心拍数と血圧の上昇、不整脈、過剰な発汗、神経質や不安、睡眠障害、意図しない体重減少などの症状がみられます。 診断は血液検査により確定されます。 甲状腺機能亢進症の管理には、チアマゾールまたはプロピルチオウラシルが用いられます。 さらに読む バセドウ病(グレーブス病) の区別が困難なことがあり、この場合は、甲状腺の放射性ヨード摂取率検査と画像検査が行われます。亜急性甲状腺炎では炎症が起こっているため、放射性ヨードがほとんどまたはまったく甲状腺に取り込まれませんが、バセドウ病では取り込まれる量が増えます。甲状腺の超音波検査もまた、亜急性甲状腺炎診断の助けとなります。

治療

  • ときに、痛みと炎症を軽減する薬

このタイプの甲状腺炎にかかった人の多くは完全に回復します。一般的に、甲状腺炎は数カ月のうちに自然に治りますが、ときに再発することもあり、まれに永続的な甲状腺機能低下症を引き起こすほどに甲状腺が損傷を受けることもあります。

痛みと炎症は、アスピリンや他の非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)で緩和できます。重症の場合はプレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)などのコルチコステロイドが勧められますが、服用をやめるときは6~8週間かけて徐々に減量しなければなりません。コルチコステロイドを急にあるいは早く中止すると、しばしば症状が完全に戻ってしまいます。甲状腺機能亢進症の症状が重い場合はベータ遮断薬が勧められます。

甲状腺機能低下症の症状が重度の場合、または甲状腺機能低下症が永続的になる場合は、合成甲状腺ホルモン(レボチロキシン)が必要になることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP