Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

水分過剰

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

水分過剰は体内に過剰な水分がある状態です。

  • 体の水分排泄能力を低下させる病気または体の水分貯留傾向を高める病気があると、水分過剰に陥る可能性があります。

  • 水分を摂取しすぎても、腎臓が正常であれば過剰な水が容易に排泄されるため、水分過剰になることはまれです。

  • 多くの場合、症状は現れませんが、重度の水分過剰では、錯乱やけいれん発作が起こることもあります。

  • 水分摂取の制限と、場合によっては利尿薬の投与が行われます。

体内の水分についても参照のこと。)

水分過剰は、体から失われる分より多くの水分を摂取することで発生します。

体が必要な量よりはるかに多い水分を摂取すると、水分過剰になることがあります。脱水を避けるために過剰な水分を摂取した人(特に運動選手)は、水分過剰になる可能性があります。心因性多飲症と呼ばれる精神障害がある場合も、水を過剰に摂取してしまいます。その結果、水分が過剰になり、ナトリウムが不足した状態になります。このように、一般に水分過剰は血液中のナトリウム濃度の低下(低ナトリウム血症)を引き起こし、危険な状態に陥る場合があります。しかし、多量の水を飲んでも、下垂体、腎臓、肝臓、心臓が正常に機能していれば水分過剰にはなりません。腎機能が正常な若い成人の場合、体の水分排出能力を上回るには、1日当たり約23リットル以上の水を毎日飲まなければなりません。

水分過剰は、腎臓から正常に尿を排出できない人によくみられます。例えば、心臓、腎臓、肝臓に異常がある人や腎臓が未発達な未熟児です。例えば一部の抗うつ薬など、特定の薬によっても、影響を受けやすい人では水分過剰が生じることがあります。

水分過剰は、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)からも生じます。この症候群では、下垂体が バソプレシン(抗利尿ホルモンとも呼ばれる)を分泌しすぎて、必要のないときでも腎臓が水分を保持してしまいます。

知っていますか?

  • 塩分を補充しないで過剰な水分を摂取することは、ときに健康な人でも有害な可能性があります。

症状

水分過剰と血液中のナトリウム濃度の低下の影響を特に受けやすいのは、脳細胞です。水分過剰がゆっくり起こり、程度も軽度または中等度である場合は、脳細胞が適応する時間の余裕があるため、症状があるとしても、注意散漫や嗜眠(しみん)のような軽度のものにとどまります。水分過剰が急激に起こった場合、嘔吐と平衡感覚の異常が生じます。水分過剰な状態が悪化した場合は、錯乱、けいれん発作、昏睡が生じることがあります。

水分過剰になっても、血液量が正常であれば、余分な水分が細胞内へ移動し、組織のむくみ(浮腫)は起こりません。血液量が過剰になった場合は、肺や脚の膝より下の部分に水分が貯留します。

診断

  • 医師による診察

  • 血液と尿の検査

医師は、体重増加と浮腫の徴候がないか診察し、血液および尿検査で電解質の濃度を調べることで、水分過剰(水が多すぎる)と血液量過剰(塩分と血液が多すぎる)の鑑別を試みます。

治療

  • 水分摂取の制限

  • 水分過剰の原因に対する治療

水分過剰はその原因にかかわらず、たいていの場合、医師の指示の下で水分摂取を制限しなければなりません。摂取量を1日1リットル以下に制限すれば、普通は数日間で改善します。心臓、肝臓、あるいは腎臓の疾患のために血液量過剰を伴う水分過剰となった場合は、ナトリウム摂取量を制限することも有用です。これは、水分を体内にとどめる働きがナトリウムにあるためです。

水分過剰を引き起こす傾向のある薬の使用を中止します。ときに、尿中への水分とナトリウムの排出を促す利尿薬が処方されることがあります。他の種類の薬も水分排出を促す可能性があり、ときに血液量が正常な場合の水分過剰の治療に使用されることがあります。これらの薬は一般に患者を入院させた上で、綿密なモニタリングの下で使用されます。ときに、透析によって、または穿刺と呼ばれる小手術によって、水分を除去する必要がある場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP