Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

副腎の概要

執筆者:

Ashley B. Grossman

, MD, University of Oxford; Fellow, Green-Templeton College

最終査読/改訂年月 2017年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

人間の体には2つの副腎があり、それぞれ左右の腎臓の上部に位置しています。それぞれの副腎には以下の2つの部分があります。

  • 髄質:副腎内部は、アドレナリン( エピネフリン)などのホルモンを分泌し、血圧、心拍数、発汗など、交感神経系によっても調節される身体活動の制御に影響を与えます。

  • 皮質:副腎の外側の部分は、コルチコステロイド( コルチゾールなどのコルチゾン様ホルモン)や、ミネラルコルチコイド(特に、血圧や体内の塩分[塩化ナトリウム]とカリウムの濃度を制御するアルドステロン)などの別のホルモンを分泌します。副腎皮質はまた、アンドロゲン( テストステロンとその類似ホルモン)の分泌を刺激します。

副腎の拡大図

副腎の拡大図

副腎は部分的に脳に制御されます。視床下部はホルモンの調節に影響を及ぼす脳の小さな領域で、 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)と バソプレシン(抗利尿ホルモンとしても知られるホルモン)を分泌します。 バソプレシンとCRHは、下垂体に 副腎皮質刺激ホルモン(コルチコトロピンあるいは ACTH)を分泌させ、このホルモンが今度は副腎を刺激してコルチコステロイドを分泌させます。また、主に腎臓で調節されるレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系により、副腎のアルドステロン産生量が増減されます( 血圧の制御:レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系)。

コルチコステロイドの量は体の要求によって調節されます。コルチコステロイドの量は1日の中で遅い時間帯よりも早朝でより高い傾向があります。病気などで体がストレスを受けると、コルチコステロイドの量は急激に増えます。

副腎の病気

副腎の病気はホルモンの分泌過剰または分泌不足によって起こることがあります。

ホルモンの分泌が不足している場合、副腎自体の問題(アジソン病などの原発性疾患)が原因である可能性があります。あるいは下垂体や視床下部など、体の他の部位に問題がある可能性があります。例えば、下垂体に問題がある場合、副腎がホルモンの分泌を促す刺激を受けていないことが考えられます。

ホルモンが過剰に産生(過剰分泌)される場合、その結果生じる病気はそのホルモンによって異なります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP