Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

メタボリックシンドローム

(シンドロームX:インスリン抵抗性症候群)

執筆者:

Adrienne Youdim

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2017年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

メタボリックシンドロームは、腹部脂肪の過剰による大きいウエスト周囲長、高血圧、インスリンの作用への反応低下(インスリン抵抗性)または糖尿病、血液中のコレステロールなどの脂肪の異常な値(脂質異常症)を特徴とします。

  • 腹部脂肪の過剰は高血圧、冠動脈疾患、2型糖尿病のリスクを高めます。

  • メタボリックシンドロームの診断には、医師はウエスト周囲長、血圧、空腹時血糖値、脂肪(脂質)値を測定します。

  • 減量を助けるために、運動、食習慣の改善、行動療法、薬が用いられることがあります。

  • 糖尿病、高血圧、血液中のコレステロールと脂肪の異常な値に対する治療が行われます。

先進国では、メタボリックシンドロームは深刻な問題です。米国では50歳以上の人の40%以上にみられます。小児と青年でさえメタボリックシンドロームを発症することがありますが、患者数は分かっていません。

メタボリックシンドロームは、余分な脂肪がヒップの周囲(ナシ型)ではなく腹部(リンゴ型)に蓄積している場合に、発生する可能性がより高くなります。以下の人は、腹部に余分な脂肪が蓄積する傾向があります。

  • ほとんどの男性

  • 閉経後の女性

腹部に余分な脂肪が蓄積することで、以下のリスクが高まります。

メタボリックシンドロームそのものは症状を引き起こしません。

診断

  • ウエスト周囲長

  • 血圧測定

  • 血糖値、脂肪(脂質)値を測定する血液検査

過体重ではない人や、やせて見える人でも、腹部に余分な脂肪が蓄積している場合があるため、すべての人でウエスト周囲長を測定するべきです。ウエスト周囲長が大きいほどメタボリックシンドロームとその合併症のリスクが高くなります。ウエスト周囲長が以下の数値より大きいと、リスクが大幅に増加します。

  • 白人女性で79センチメートル

  • インド人女性で72センチメートル

  • 白人男性で93センチメートル

  • インド人男性で78センチメートル

ウエスト周囲長が大きい場合、医師が空腹時の血圧、血糖値、脂肪値を測定するはずです。血糖値と脂肪値は、どちらも異常なことがよくあります。

ウエスト周囲長が男性で102センチメートル以上、女性で88センチメートル以上の場合(腹部の脂肪が過剰であることを示す)、また以下のうち2項目以上で該当するか治療を受けている場合、メタボリックシンドロームと診断されます。

  • 空腹時血糖値が100mg/dL以上

  • 血圧が130/85mmHg以上

  • 空腹時の血液中の中性脂肪(トリグリセリド)値が150mg/dL以上

  • 高比重リポタンパク(HDL、善玉コレステロール)が男性で40mg/dL以下、女性で50mg/dL以下

治療

  • 食習慣の変更と運動

  • 高血糖、高血圧、血液中の異常な脂肪の値に対する治療

  • 場合によりメトホルミンの投与

初期治療として食生活の変更と運動を行います。必要に応じて、メタボリックシンドロームの各症状に対しても薬で治療を行うべきです。

糖尿病や高血糖患者の場合、メトホルミンやチアゾリジン系薬剤(例えば、ロシグリタゾンやピオグリタゾン)など インスリンに対する体の感受性を高める薬が役に立つことがあります。また、運動をすることによって体はより効率的に血糖を使えるようになり、しばしば血糖値を下げる助けとなるため、糖尿病患者にとっては運動も重要です。

高血圧や血液中の異常な脂肪の値も治療します。必要に応じて血圧を下げる薬(降圧薬)や脂質濃度を下げる薬を使用します。

そのほかに冠動脈疾患の危険因子が存在する場合には、これもコントロールします。例えば、喫煙者には禁煙するように指導します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP