Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

身体症状症および関連症群の概要

執筆者:

Joel E. Dimsdale

, MD, University of California, San Diego

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

身体症状症および関連症群は、体の症状(身体症状)に強くとらわれるようになり、それにより強い苦痛や日常生活への支障がみられることを特徴とする精神障害です。

ほとんどの精神障害は精神症状を特徴とし、異常または不快な思考、気分、行動などがみられます。しかし、この身体症状症においては、精神的な要因が身体症状として表出され(このプロセスを身体化といいます)、痛み、脱力、疲労、吐き気などの身体的な症状や、その他の身体的な感覚の異常が患者の主な問題となります。それらの症状の原因や一因になる身体的な病気が実際にある場合もあれば、ない場合もあります。しかし、身体的な病気が実際にある場合、身体症状症や関連症の人は、その病気に対して過剰に反応してしまいます。

誰でも体に症状があれば、ある程度は感情的に反応するものです。しかし、身体症状症の人では、自分の症状に対する反応としての思考、感情、行動が異常なまでに強くなります。精神障害を体の不調に対する正常な反応と区別するには、反応が強すぎるあまり、本人(ときに他者)に強い苦痛が生じているか、日常生活で普段の役割を果たすのが困難になっていることが条件になります。

患者が示す様々な反応によって具体的な精神障害が定義されており、具体的には以下のものがあります。

  • 変換症(転換性障害とも呼ばれます)では、神経系の病気に類似した身体症状が現れます。

  • 作為症(虚偽性障害とも呼ばれます)では、明らかな外的な理由(仕事を休むためなどの理由)なく、症状があるふりをします。

  • 病気不安症では、重篤な病気にかかっている可能性またはかかる可能性に過剰にとらわれ、過剰に心配します。

  • ときに、そのような態度や行動が実際に患者がもつ身体的な病気に悪影響を及ぼすこともあり、そのような要因を「他の医学的疾患に影響する心理的要因」といいます。

  • 身体症状症では、患者の症状のために懸念やとらわれが生じ、症状について絶えず心配したり、ごく頻繁に医療機関を受診したりします。

これらの精神障害のいずれかを有する人は、自分に身体症状があると考えているため、精神科以外の診療科を受診する傾向があります。

身体症状症および関連症群は小児に発生することもあります。

治療法は障害の種類によって異なりますが、通常は精神療法が行われます。

心と体

心と体がどのように作用し合って健康に影響を及ぼすかについては、長く議論が繰り返されてきました。人々は心と体について何気なく、あたかも別のものであるかのように話しますが、実際には両者は深く相互に関連し合っているため、その影響を切り離すことは困難であり、そのような例としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 社会的なストレスや精神的なストレスにより、糖尿病、冠動脈疾患、喘息など多くの身体的な病気が悪化することがあります。

  • ストレスなどの精神的プロセスにより、身体症状が悪化したり、長引いたりすることがあります。例えば、抑うつ状態にある人や不安を抱いている人は、精神的に健康な人と比べて、病気になった際やけがをした際に重症化しやすくなります。

  • ストレスはときに、身体的な病気がない場合でも身体症状を引き起こすことがあります。例えば、小児では登校に不安を覚えることで腹痛や吐き気が起きることがあり、成人では精神的ストレスを抱えていると頭痛が起きることがあります。

  • 思考や発想が病気の進行に影響を及ぼすことがあります。例えば、高血圧の人が「自分はそんな病気ではない」と言い張ったり、病気が重篤であるのを否定したりすることがあります。否定すれば不安の軽減には役立つかもしれませんが、治療計画に従う妨げにもなりえます。例えば、処方された薬を服用せず、結果的に病気が悪化することがあります。

  • また、身体的な病気が精神的健康の問題に影響を及ぼしたり、その誘引になることもあります。例えば、生命を脅かす身体的な病気、再発を繰り返す病気、あるいは慢性の病気が誘因となって、うつ病を発症することがあります。うつ病の影響によって、身体的な病気の症状が悪化する悪循環に陥ることもあります。

ストレスや精神的な要因によって身体症状が生じている場合には、原因の特定が難しくなることがあります。状況を明らかにするために、様々な診断検査が必要になる場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP