Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

他の医学的疾患に影響する心理的要因

執筆者:

Joel E. Dimsdale

, MD, University of California, San Diego

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

他の医学的疾患に影響する心理的要因は、患者の態度や行動が本人が患っている病気に悪影響を及ぼしている場合に診断されます。

患者の態度や行動が病気(糖尿病心疾患片頭痛など)や症状(痛みなど)に悪影響を及ぼすことがあります。態度や行動のために病気や症状が悪化することがあり、ときには入院や救急外来の受診につながることもあります。例えば、重度のストレスにより心臓が一時的に弱くなったり、仕事に関連した慢性的なストレスのために高血圧のリスクが高まったりします。その病気による苦しみ、死、身体障害が生じるリスクが高まることがあります。

医学的な状態の悪化につながる要因としては、以下のものがあります。

  • 症状の重大性や重症度を否定すること

  • 治療の必要性を否定すること

  • 処方された治療計画に従わないこと

  • 勧められた検査を受けないこと

「他の医学的疾患に影響する心理的要因」の診断は、心理的要因によって病気の進行に明らかな影響が生じている場合に下されます。

治療では以下のことを行います。

  • 心理的要因や行動の影響に関する説明

  • 精神療法(心理療法)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP