Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

解離症の概要

執筆者:

David Spiegel

, MD, Stanford University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

誰にでも、ときに記憶、知覚、自己同一性、意識を統合するのに小さな問題が生じることがあります。例えば、どこかをドライブしたとき、後になって運転していたときの様子を覚えていないのに気づくことがあります。それは、個人的な心配事にとらわれていたか、ラジオ番組や同乗者との会話に夢中になっていたか、ちょっと空想にふけっていたために思い出せないだけかもしれません。このような問題は正常解離と呼ばれ、通常は日常生活に混乱を招くことはありません。

これとは対照的に、解離症(解離性障害とも呼ばれます)の人は数分間、数時間、ときにもっと長期間にわたって、自分が行った活動を完全に忘れることがあります。一定期間の記憶が欠落していることに本人が気づいている場合もあります。さらに、自分が自己(すなわち、記憶、知覚、自己同一性、思考、感情、身体、行動など)から切り離されている(解離している)ように感じることもあります。あるいは、周囲の世界から切り離されている(遊離している)ように感じることがあります。そのため、自己同一性(アイデンティティ)の感覚、記憶、意識などが断片化しています。

解離症には以下のものが含まれます。

  • 自己または外界から切り離されているような感覚(離人感・現実感消失症

  • 重要な個人的情報(通常は心的外傷[トラウマ]やストレスと関連している情報)を思い出すことができない状態(解離性健忘

  • 自己同一性と記憶が断片化している感覚(解離性同一症

知っていますか?

  • 頭部に軽い衝撃を受けただけでは、自分が誰なのかや、知っている知識や情報をすべて忘れてしまうことはありません。

解離症は通常、圧倒的なストレスやトラウマが引き金となって発症します。例えば、小児期に虐待を受けていた場合があります。事故や災害といった、トラウマになる出来事(外傷的出来事)を体験または目撃していた場合もあります。あるいは、耐えがたい心理的な葛藤から、受け入れがたい情報や感情を意識的な思考から切り離さざるを得なくなった場合もあります。

解離症は心的外傷およびストレス因関連障害群急性ストレス障害心的外傷後ストレス障害)と関連のある病気です。ストレス因関連障害の人にも、健忘やフラッシュバック、感情麻痺、離人感・現実感消失などの解離症状がみられることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP