Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

物質関連障害の概要

執筆者:

Thomas Kosten

, MD, Baylor College of Medicine/MD Anderson Cancer Center;


Daryl Shorter

, MD, Michael E. DeBakey VA Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

薬物は、それが合法的な医療用の薬剤であるか、娯楽目的で使用される薬物(レクリエーショナルドラッグ)であるかにかかわらず、現在では多くの人々にとって、日々の生活になくてはならないものになっています( 医療用途と娯楽用途がある薬物)。

物質関連障害は、脳の報酬系を直接活性化する物質(薬物など)を、それがもたらす快感を求めて使用することで発生します。快感の種類は物質によって異なります。問題になる物質は、体にもたらす作用の違いによって以下の10種類に分類されます。

物質関連障害は、薬物が合法かどうかや、社会的に許容されているかどうか、承認された医療上の用途(処方が必要かどうかも問わない)があるかどうかに関係なく発生するものです。具体的な薬物とその作用の詳細については、本マニュアルの別の箇所で説明されています。

icon

医療用途と娯楽用途がある薬物

薬物

医療上の用途

アンフェタミン類

注意欠如・多動症の治療

抗不安薬と鎮静薬

不安および不眠症の治療

コカイン

体表面の麻酔(表面麻酔薬として)

ケタミン

麻酔

マリファナ

進行がんによる吐き気の治療

オピオイド

痛みの軽減や麻酔

物質関連障害の種類

物質関連障害は通常、以下の2種類に分類されます。

物質誘発性障害は、薬物の直接的な作用によって引き起こされる問題であり、以下のものがあります。

  • 中毒

  • 離脱症状

  • 物質誘発性精神障害

物質使用障害は、一般に物質の使用により問題が生じているにもかかわらず、その使用を続ける行動パターンがみられるものです。

上記の10種類の薬物が物質使用障害を引き起こす可能性はそれぞれで異なり、そうした可能性は嗜癖傾向と呼ばれ、以下のような要因の組合せに応じて異なります。

  • 薬物がどのように使用されるか

  • 薬物が脳の報酬経路をどれほど強く刺激するか

  • 薬物がどれほど速く作用するか

  • 薬物が耐性離脱症状を誘発する能力

定義

従来、物質使用障害の人について「嗜癖(しへき)」、「乱用」、「依存」などの用語が使用されてきましたが、これらの用語はどれも定義があいまいで一定しないため、あまり有用とはいえず、しばしば独善的に使われています。そのため現在の医師たちは、「物質使用障害」という、より包括的で否定的な響きが少ない用語を好んで使用するようになっています。

規制物質や薬物使用に関する議論では、「麻薬」という用語がしばしば用いられますが、この用語は感覚の消失や麻痺、眠気を引き起こす薬物、特にオピオイド(細胞のオピオイド受容体に結合する薬物)を指して使用されます。一方、違法な薬物や違法な使用法を含めたより広い(不正確な)意味で「麻薬」という言葉が使用されることもあります。

指定薬物

特定の種類の薬物、つまり規制物質(規制物質法[Controlled Substances Act])の製造と流通を規制するために、1970年に米国で包括的薬物乱用防止管理法(Comprehensive Drug Abuse Prevention and Control Act)( 規制物質の主な例 *)が施行され、その後長年にわたり改正されています。

規制物質は、乱用の可能性、医療用途としてどれほど受け入れられているか、医学的管理下で使用した場合にどれほど安全かに基づいて、5つのカテゴリー(スケジュール)に分類されています。スケジュールIの薬物は、最も有害とみなされるもので、したがって最も厳しい規制の対象となっています。スケジュールVの薬物は、最も害が少ないとみなされるもので、広く入手可能になっています。米国の州と連邦政府の間でこれらの分類(スケジュール)が異なる場合もあります(米国麻薬取締局の規制薬物リストも参照)。

icon

規制物質の主な例 *

スケジュール

I

カチノン(カート)およびメトカチノン、GHB、ヘロイン(および他の数種類のオピオイド)、LSD、マリファナ、MDMA、シロシビン、合成カンナビノイド

II

アンフェタミン類、バルビツール酸系薬剤(短時間作用型)、コカイン、ヒドロコドン(ヒドロコドン配合剤など)、ヒドロモルフォン、メサドン、メチルフェニデート、モルヒネ、その他の強力なオピオイド作動薬、オキシコドン、フェンシクリジン

III

タンパク同化ステロイド、バルビツール酸系薬剤(中時間作用型)、ブプレノルフィン、ジヒドロコデイン、ドロナビノール(dronabinol)、ケタミン、パレゴリック(アヘン安息香チンキ)

IV

バルビツール酸系薬剤(長時間作用型)、ベンゾジアゼピン系薬剤、抱水クロラール、モダフィニル、メプロバメート、ペンタゾシン、プロポキシフェン、ゾルピデム

V

コデインを少量含むせき止め薬、プレガバリン

*米国麻薬取締局は、規制物質をアルファベット順にまとめた包括的なリストを作成しています。

処方することはできません。

GHB = ガンマ-ヒドロキシ酪酸;LSD = リゼルグ酸ジエチルアミド;MDMA = メチレンジオキシメタンフェタミン。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP