Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

妄想性障害

執筆者:

S. Charles Schulz

, MD, University of Minnesota Medical School

最終査読/改訂年月 2016年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

妄想性障害は、1つまたは複数の誤った思い込みがあり、それが少なくとも1カ月間持続するのが特徴です。

  • 誤った思い込みの内容は、通常でも起こりうること(配偶者の裏切りなど)の場合もあれば、起こるはずのないこと(傷あとを残さずに内臓を抜き取られてしまったなど)の場合もあります。

  • この病気は妄想性パーソナリティ障害の人に生じることがあります。

  • 診断は、まず考えられる他の原因の可能性を否定した後に、主に病歴に基づいて下されます。

  • 通常、患者は社会的な役割を果たせる状態にあり、仕事をもっています。

  • 治療には医師と患者の良好な関係の構築が不可欠です。

一般に、妄想性障害は成人期中期から後期にかけて発症します。統合失調症よりもまれな病気です。

妄想の内容は、後をつけられている、毒を盛られる、感染させられる、遠くから誰かに愛されている、配偶者や恋人に裏切られるなど、実生活でも起こりうるような状況に関するものがあります。あるいは傷あとを残さずに内臓を抜き取られてしまったなど、起こりえない状況に関するものもあります。妄想と誤った思い込みとの違いは、妄想の場合は、矛盾するどれほど明らかな証拠があっても信じ続けるという点にあります。

妄想性障害には、いくつかの種類が知られています。

  • 被愛型:誰かが自分に心を寄せていると思い込みます。電話や手紙、さらには監視やストーカー行為などによって妄想の対象者と接触を図ろうとする行動がよくみられます。妄想に関連した行動が法に触れることもあります。

  • 誇大型:自分には偉大な才能がある、あるいは重要な発見をしたなどと思い込みます。

  • 嫉妬型:配偶者や恋人が浮気をしていると信じこみます。この思い込みは、あいまいな証拠を踏まえた誤った推測に基づきます。このような状況では、身体的な暴力に訴える危険性が大いにあります。

  • 被害型:自分に対して陰謀が企てられている、見張られている、中傷されている、嫌がらせをされているなどと思い込みます。裁判所など行政機関に訴えて、繰り返し正当性を主張しようとすることもあります。まれに、想像上の迫害に対する報復として、暴力的な手段に訴えることもあります。

  • 身体型:体に変形が起きている、体臭がするなどと思い込み、体の機能や特徴にとらわれます。この種の妄想は、寄生虫感染症など想像上の病気という形を取る場合もあります。

症状

妄想性障害は、もともとあった妄想性パーソナリティ障害に起因して発症する場合があります。妄想性パーソナリティ障害の人は、成人期の初期に始まり、他者やその動機に対して全般的な不信感や疑念心を抱きます。

妄想性障害の初期症状には以下のものがあります。

  • 利用されていると感じる

  • 友人の誠実さや信頼が気になって仕方がなくなる

  • 悪意のない言葉や出来事に自分に対する脅迫的な意味合いがあると考える

  • いつまでも恨みを抱き続ける

  • 軽視されていると感じるとすぐに反応する

行動は明らかに奇妙というわけではありません。妄想性障害の人は、比較的良好に日常生活を送る傾向がありますが、妄想によって問題が起きる場合はそうはいきません。例えば、配偶者が不貞を働いていると思い込むと、夫婦関係に問題が生じます。

診断

  • 医師による評価

妄想性障害の診断は、妄想が起きる他の特定の病態(物質乱用など)を否定した上で、患者の病歴と症状に基づいて下されます。また、患者毎に危険性の度合いを評価する必要もあり、特に自らの妄想に基づいて行動を起こす可能性がどの程度あるかを評価することが非常に重要です。

予後(経過の見通し)

妄想性障害によって日常生活に重度の障害が起きることは通常ありません。ただし、次第に妄想に深くのめり込むようになる場合があります。

たいていの人は仕事を続けることができます。

治療

  • 医師と患者の良好な関係の構築

  • ときに抗精神病薬

人によっては妄想を強く信じ込み、助けを求めることを拒否するために、治療が困難になることがあります。医師と患者の良好な関係が治療の助けになります。いったん良好な関係を築くことができれば、治療を拒んでいる人に医師が治療への参加を勧めることが可能になります。

患者が危険であると医師が判断した場合は、入院が必要になります。

抗精神病薬は一般に使用されませんが、ときに症状を抑えるのに有効となります。

妄想にとらわれた患者の関心を建設的で満足感の得られる方面に向けることが長期的な治療目標になりますが、その達成にはしばしば困難を伴います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP