Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

過食性障害

執筆者:

Evelyn Attia

, MD, Columbia University Medical Center;


B. Timothy Walsh

, MD, College of Physicians and Surgeons, Columbia University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要

過食性障害は、非常に大量の食べものを食べる行為(過食)をその最中や事後に自制を失っていると感じながら何度も繰り返すことを特徴とする摂食障害 摂食障害の概要 摂食障害とは、摂食または摂食に関連する行動に異常がみられる精神障害であり、典型的なものとして以下のものが挙げられます。 食べる物または食べる量の変化 食物が吸収されないようにするために取る手段(例えば、意図的に嘔吐する、下剤を使用する) 異常な摂食行動を精神障害とみなすには、その行動が一定期間持続していることに加えて、本人の身体的な健康や... さらに読む です。過食後には、食べ過ぎの影響を軽減しようとする行動(例えば、摂取した食べものを体から出す行為[排出行動])はみられません。

  • 過食性障害は過体重または肥満の人で多くみられます。

  • 患者は短い時間に大量の食べものを食べますが、排出行動はみられず、自分の行動にとても苦悩します。

  • 診断は患者自身による行動の説明に基づいて下されます。

  • 治療では、患者自身が過食を抑制できるようにすることを目標として、認知行動療法、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(抗うつ薬の一種)、精神刺激薬を使用します。

  • 減量プログラム、一部の減量薬、および精神刺激薬が体重管理に役立つことがあります。

全体としては、女性の約3.5%、男性の約2%に過食性障害がみられます。しかし、体重が重い人ほど、この病気をもっている割合が高くなります。何らかの減量プログラムを受けている肥満者では、30%以上で過食性障害がみられます。

過食性障害の人は、ほとんどが過体重または肥満の状態にあり、この病気が一因となってカロリーを過剰に摂取してしまいます。対照的に、神経性過食症 神経性過食症 神経性過食症は、大量の食べものを短時間に次から次へと摂取し(過食)、その後に食べ過ぎを埋め合わせる行為(例えば、排出行動、絶食、運動など)を行うことを特徴とする摂食障害です。 患者は大量の食べものを摂取した後、食べ過ぎの埋め合わせをしようとして、意図的に嘔吐したり、下剤を使用したり、ダイエットや絶食をしたり、激しい運動をしたりします。 過度に体重を気にしたり、体重の変動が激しかったりする場合は、神経性過食症が疑われます。... さらに読む では正常体重の人が大部分を占め、神経性やせ症 神経性やせ症 神経性やせ症は、やせていることへの執拗なまでのこだわり、自分の体に対するイメージ(身体像)の歪み、肥満に対する極端なまでの恐怖、ならびに食事量の制限による著しい低体重を特徴とする摂食障害です。 通常は青年期に発症し、女性に多くみられます。 体重が減り続けているにもかかわらず食事を制限する一方、頭の中は食べもののことにとらわれ、問題を抱えていることを否定する場合があります。 体重が大幅または急激に減少した場合には、生命を脅かす結果を招く場... さらに読む の場合はやせた人がほとんどです。過食性障害の人は、神経性やせ症や神経性過食症の人よりも年齢が高く、男性が半数近くを占めています。

知っていますか?

  • 過食性障害の人のほぼ半数が男性です。

症状

過食の際には、大半の人と比べて、同様の状況下の同程度の時間内で、はるかに多くの食べものを食べます。患者は過食の最中やその後で、自制を失ってしまったかのように感じます。過食性障害の人は、排出行動(意図的に嘔吐する、下剤、利尿薬、浣腸を誤用する)や過度の運動、絶食などによって過食の埋め合わせをすることはありません。いつも食べ過ぎてしまう人とは対照的に、過食は断続的にみられます。

過食性障害の人では以下のような行動もみられます。

  • 普通よりはるかに速いペースで食べる

  • 食べ過ぎて気持ちが悪くなるまで食べる

  • 空腹を感じなくても大量の食べものを摂取する

  • 恥ずかしさから1人で食事をとろうとする

  • 過食をした後で、自分が嫌になったり、落ち込んだり、罪悪感を抱いたりする

患者は自分の行為について悩んでいて、特に減量の意思に反して過食をしてしまうと強い苦痛を感じます。この病気がない人と比べて、抑うつや不安が生じる可能性が高くなります。また、過食性障害で肥満の人は、過食性障害ではない肥満の人よりも、体型、体重、またはその両方にとらわれている場合が多くみられます。

診断

  • 医師による評価

過食性障害の診断は以下の場合に下されます。

  • 患者が少なくとも3カ月間にわたり週1回過食をしていると報告する。

  • 過食に食べることに対する自制ができないという感覚が伴っている。

  • 典型的な症状および行動がみられる。

治療

  • 精神療法

  • 特定の抗うつ薬と精神刺激薬

  • 場合により減量薬や食欲抑制薬

  • 場合により自助グループや従来の減量プログラム

次の治療が役立ちます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP