Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

摂食障害の概要

執筆者:

Evelyn Attia

, MD, Columbia University Medical Center, New York State Psychiatric Institute;


B. Timothy Walsh

, MD, College of Physicians and Surgeons, Columbia University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

摂食障害とは、摂食または摂食に関連する行動に異常がみられる精神障害であり、典型的なものとして以下のものが挙げられます。

  • 食べる物または食べる量の変化

  • 食物が吸収されないようにするために取る手段(例えば、意図的に嘔吐する、下剤を使用する)

異常な摂食行動を精神障害とみなすには、その行動が一定期間持続していることに加えて、本人の身体的な健康や学業上または職業上の役割を果たす能力に大きな支障をきたしているか、あるいは他者との人間関係に悪影響が生じている必要があります。

摂食障害には以下のものがあります。

神経性やせ症は、やせていることへの執拗なまでのこだわり、自分の体に対するイメージ(身体像)の歪み、肥満に対する極端なまでの恐怖、ならびに食事量の制限による著しい低体重を特徴とします。神経性やせ症の人は食べる量を制限しますが、過食してから排出行動(例えば、意図的に嘔吐する、下剤を使用する)によって埋め合わせをする場合もあります。この病気の人は健康を害するまで食べる量を制限することもあります。神経性やせ症では食欲がなくなるわけではなく、むしろ神経性やせ症の人の多くは、かなりやせ衰えた状態になるまで食欲を失いません。

回避・制限性食物摂取症は、神経性やせ症や神経性過食症の人で典型的にみられるように体型や体重について気にすることはないものの、ごく少量しか食べないか、特定の食べものを食べることを避けるのが特徴です。通常、この病気の人には食べものや食べものの種類について極度の好き嫌いがみられます。例えば、特定の色、硬さ、匂いの食べものを避けることがあります。のどに詰まる、戻してしまうなど、食事によって生じるかもしれない望ましくない状況を恐れる人もいます。

過食性障害は、大半の人と比べて同様の状況下の同程度の時間内ではるかに多くの食べものを食べることを特徴とします。患者は過食をしている間やその後に自制を失ったように感じます。過食の場合は、その後に食べ過ぎを埋め合わせようとする排出行動などを行うことはありません。

神経性過食症は、大量の食べものを短時間で次から次へと摂取し、その後に食べ過ぎを埋め合わせる行為を繰り返し行うことが特徴です。例えば、意図的に嘔吐したり、下剤を服用したりすることがあります。

異食症は、食べものではないものを日常的に食べることです。

反芻症(はんすうしょう)は、いったん食べた物を逆流させることを特徴とします。

摂食障害は男性よりも女性、特に若い女性に多くみられます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP