Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

回避・制限性食物摂取症

執筆者:

Evelyn Attia

, MD, Columbia University Medical Center;


B. Timothy Walsh

, MD, College of Physicians and Surgeons, Columbia University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要

回避・制限性食物摂取症は、食べものをごく少量しか食べなかったり、特定の食べものの摂取を避けたりすることを特徴とする摂食障害 摂食障害の概要 摂食障害とは、摂食または摂食に関連する行動に異常がみられる精神障害であり、典型的なものとして以下のものが挙げられます。 食べる物または食べる量の変化 食物が吸収されないようにするために取る手段(例えば、意図的に嘔吐する、下剤を使用する) 異常な摂食行動を精神障害とみなすには、その行動が一定期間持続していることに加えて、本人の身体的な健康や... さらに読む です。自分の体に対する歪んだイメージ(神経性やせ症 神経性やせ症 神経性やせ症は、やせていることへの執拗なまでのこだわり、自分の体に対するイメージ(身体像)の歪み、肥満に対する極端なまでの恐怖、ならびに食事量の制限による著しい低体重を特徴とする摂食障害です。 通常は青年期に発症し、女性に多くみられます。 体重が減り続けているにもかかわらず食事を制限する一方、頭の中は食べもののことにとらわれ、問題を抱えていることを否定する場合があります。 体重が大幅または急激に減少した場合には、生命を脅かす結果を招く場... さらに読む でみられる特徴)や自分の体に対するイメージへのとらわれ(神経性過食症 神経性過食症 神経性過食症は、大量の食べものを短時間に次から次へと摂取し(過食)、その後に食べ過ぎを埋め合わせる行為(例えば、排出行動、絶食、運動など)を行うことを特徴とする摂食障害です。 患者は大量の食べものを摂取した後、食べ過ぎの埋め合わせをしようとして、意図的に嘔吐したり、下剤を使用したり、ダイエットや絶食をしたり、激しい運動をしたりします。 過度に体重を気にしたり、体重の変動が激しかったりする場合は、神経性過食症が疑われます。... さらに読む でみられる特徴)が認められる場合は、この病気に該当しません。

  • 回避・制限性食物摂取症では、かなりの体重減少がみられたり、小児では成長が予想より遅れたり、通常の社会活動に参加するのが困難になったりするほか、ときには生命を脅かす栄養不良につながることもあります。

  • 診断は、まず食事量が非常に少ないことについて考えられる他の原因を否定した後に、食事の制限の性質とのその影響に基づいて下されます。

  • 認知行動療法は、患者が正常に食事をとれるようにし、食べるものに対して患者が感じている不安を和らげるのに役立ちます。

回避・制限性食物摂取症は、典型的には小児期に発症し、当初は小児期によくみられる偏食と区別が難しい場合があります。例えば、子どもは特定の食べものや、特定の色、硬さ、匂いの食べものを食べようとしないことがあります。しかし、偏食で問題となるのは、一般的には数種類の食べものだけであり、偏食のある子どもは、この病気の子どもとは異なり、食欲は正常で、全体として十分な量の食事をとり、正常な成長と発達がみられます。

回避・制限性食物摂取症の人が食べなくなる理由は、食べることへの関心を失うことであったり、食べると有害な結果が生じると考えることであったりします。特定の食べものを、その色、硬さ、匂いのために避けることがあります。

症状

回避・制限性食物摂取症の人は、ごく少量しか食べなかったり、特定の食べものの摂取を避けたりします。食事量があまりに少ないために体重が大幅に減ることがあります。この病気の小児では、予想される通りの成長がみられないことがあります。

栄養不良がよくみられ、生命が脅かされることもあります。

摂食に関する問題のために、他者との食事や人間関係の維持など、通常の社会活動への参加が難しくなります。

診断

  • 医師による評価

  • 身体的な病気がないか調べるための検査

  • 他の精神障害がないか調べるための評価

医師は、食べものを避けたり、非常に小食であったりする人で、以下の条件が1つでも当てはまる場合に回避・制限性食物摂取症を疑います。

  • 顕著な体重減少がみられる、あるいは、小児の場合は予想される発育がみられない

  • 重度の栄養不良がある

  • 経管栄養または栄養補助食品(サプリメント)の服用を必要としている

  • 通常の社会活動への参加や他者との交流に大きな困難を抱えている

  • 自分の体に対するイメージに歪みがあることを示す証拠が認められない

食事量があまりに少ないために体重が減り、栄養不良に陥っている場合は、通常そのような問題の原因になりうる身体的な病気がないか調べるための検査を行います。そのような身体的な病気としては、食物アレルギー、食物の吸収を妨げる消化管の病気(吸収不良 吸収不良の概要 吸収不良症候群とは、食べたものに含まれる栄養素が様々な理由により小腸で適切に吸収されない状態のことをいいます。 ある種の病気、感染症、手術でも吸収不良が起こることがあります。 吸収不良によって、下痢、体重減少、極度の悪臭がする大量の便がみられます。 診断は、典型的な症状と、便検査の結果、ときに小腸粘膜の生検結果に基づいて下されます。... さらに読む )、がん 体重減少と疲労 がんは初めのうちは小さな細胞のかたまりで、特に症状はありません(がんの概要も参照)。がんが増殖するにつれて、それ自体が物理的に隣接する組織に影響を及ぼすようになります(がんの警戒すべき徴候も参照)。さらに、一部のがんは特定の物質を分泌したり、免疫反応を誘発したりして、それによりがんから離れた他の部位に症状が起こります(腫瘍随伴症候群を参照)。 ときに最初の徴候が、別の理由で行われた臨床検査の異常な結果である場合もあります(例えば、結腸が... さらに読む などがあります。

また他の摂食障害(特に神経性やせ症 神経性やせ症 神経性やせ症は、やせていることへの執拗なまでのこだわり、自分の体に対するイメージ(身体像)の歪み、肥満に対する極端なまでの恐怖、ならびに食事量の制限による著しい低体重を特徴とする摂食障害です。 通常は青年期に発症し、女性に多くみられます。 体重が減り続けているにもかかわらず食事を制限する一方、頭の中は食べもののことにとらわれ、問題を抱えていることを否定する場合があります。 体重が大幅または急激に減少した場合には、生命を脅かす結果を招く場... さらに読む 神経性過食症 神経性過食症 神経性過食症は、大量の食べものを短時間に次から次へと摂取し(過食)、その後に食べ過ぎを埋め合わせる行為(例えば、排出行動、絶食、運動など)を行うことを特徴とする摂食障害です。 患者は大量の食べものを摂取した後、食べ過ぎの埋め合わせをしようとして、意図的に嘔吐したり、下剤を使用したり、ダイエットや絶食をしたり、激しい運動をしたりします。 過度に体重を気にしたり、体重の変動が激しかったりする場合は、神経性過食症が疑われます。... さらに読む )、うつ病 うつ病 うつ病とは、日常生活に支障をきたすほどの強い悲しみを感じているか、活動に対する興味や喜びが低下している状態です。喪失体験などの悲しい出来事の直後に生じることがありますが、悲しみの程度がその出来事とは不釣り合いに強く、妥当と考えられる期間より長く持続します。 遺伝、薬の副作用、つらい出来事、ホルモンなど体内の物質の量の変化、その他の要因がうつ病の一因になる可能性があります。 うつ病になると、悲しみに沈み、動作が緩慢になり、以前は楽しんでい... さらに読む 統合失調症 統合失調症 統合失調症は、現実とのつながりの喪失(精神病)、幻覚(通常は幻聴)、妄想(誤った強い思い込み)、異常な思考や行動、感情表現の減少、意欲の低下、精神機能(認知機能)の低下、日常生活(仕事、対人関係、身の回りの管理など)の問題を特徴とする精神障害です。 統合失調症は、遺伝的な要因と環境的な要因の双方によって起こると考えられています。... さらに読む など、体重減少につながる他の精神障害についても考慮します。食事の制限の理由が食べものの入手困難や文化的慣習の一部(宗教的な断食など)である場合は、回避・制限性食物摂取症の診断は下されません。

通常は、別の病気や治療(放射線療法や化学療法など)が原因と判明した場合も、回避・制限性食物摂取症の診断は下されません。

治療

  • 認知行動療法

回避・制限性食物摂取症の人が正常に食事をとれるようにするために、認知行動療法が用いられることがあります。この治療法は、食べるものに対して患者が感じている不安を和らげるのに役立ちます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP