Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

反芻症

執筆者:

Evelyn Attia

, MD, Columbia University Medical Center, New York State Psychiatric Institute;


B. Timothy Walsh

, MD, College of Physicians and Surgeons, Columbia University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

反芻症は、食べたものを逆流させる行為を特徴とする摂食障害です。逆流は意図的に行われる場合もあります。

  • 反芻症の人の中には、この行動が社会的に容認されないことを認識していて、ほかの行為に装ったり、隠そうとしたりする人もいます。

  • 食事の量を制限している人(逆流させているのを人に見られないようにしている)では、体重が減少したり、栄養不良に陥ったりすることがあります。

  • 反芻症の診断は、その人が食べものを1カ月以上にわたり繰り返し逆流させていることを報告した場合に下されます。

  • 行動変容法が助けになることがあります。

この病気の人は、食べたものを繰り返し(典型的には毎日)逆流させます。吐き気はなく、意図せずにえずくことはありません。逆流させたものは、再びかんだ後に吐き出すこともあれば、再び飲み込むこともあります。

反芻症は乳児、小児、青年、成人で発症します。

典型的には何らかの病気を原因とする激しい現象である嘔吐とは異なり、逆流は抑えられないわけではなく、むしろ自発的に行われている場合もあります。しかし、患者はこの行為がやめられないと報告することがあります。

この行動が社会的に容認されないことを知っており、口に手を当てたり、せきをしたりすることで隠そうとする人もいます。ほかの人と食事をすることを避け、社会活動や仕事の前には食事をとらないことで、人前では逆流させないようにする人もいます。

食事の量を制限する人もいます。逆流させたものを吐き出したり、食事の量を大幅に制限したりしている人では、体重が減少したり、栄養不良に陥ったりすることがあります。

診断

  • 医師による評価

反芻症の診断は通常、以下の場合に下されます。

  • 食べものを1カ月以上にわたり繰り返し逆流させている。

  • 逆流の原因になる消化管の病気(胃食道逆流[GERD]やツェンカー憩室など)や他の摂食障害(神経性やせ症など)の可能性が除外されている。

食べたものを逆流させている様子を医師が観察する場合もあれば、本人が自ら逆流を報告する場合もあります。

反芻症が疑われるか診断された場合には、体重減少や栄養不良がないかを調べるために、栄養状態の評価を行います。

治療

  • 行動変容

行動変容法(認知行動療法を用いた治療法など)が助けになることがあります。行動変容法は、望ましい行動を学習しつつ、望ましくない行動の習慣をなくすのに役立ちます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP