Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

適応障害

執筆者:

John W. Barnhill

, MD, New York-Presbyterian Hospital

医学的にレビューされた 2020年 4月
プロフェッショナル版を見る

適応障害では、特定可能なストレス因によって引き起こされる、著しい苦痛を伴い日常生活に支障をきたす感情面、行動面の症状がみられます。

人は不快なことが起こると、しばしば悲しくなったり、怒ったり、狼狽したりします。このような反応は、その人の属する文化で一般に予想される場合より強かったり、本人の日常生活が大きく損なわれたりすることがない限り、障害とはみなされません。

愛する人の死が適応障害のきっかけになることもあります。しかし、医師は、異なる文化で典型的とみなされる多様な悲嘆の反応を考慮に入れ、死別反応が予想される範囲を超える場合にのみ適応障害の診断を下す必要があります。

適応障害はよくみられ、精神医療の外来受診者の推定5~20%にみられます。

症状と徴候

適応障害の症状は、一般にストレスになる出来事が生じてまもなく始まり、そのストレス因が消失した後6カ月を超えて続くことはありません。

適応障害には多くの症状があり、以下のものがよくみられます。

1人の患者が複数の症状を示すこともあります。

診断

  • 具体的な診断基準に基づく医師による評価

診断は、精神障害の診断と統計マニュアル第5版(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition:DSM-5)が推奨する基準に基づいて下されます。

患者には以下がみられる必要があります。

  • ストレス因にさらされてから3カ月以内の感情面または行動面の症状

症状は、以下の1つ以上で示されるように、臨床的に重大である必要があります。

  • ストレス因に対し不釣り合いに強い苦痛(文化的因子などの因子を考慮に入れる)

  • 症状により社会的、職業的機能が大きく損なわれている

外傷的出来事の後に障害や強い苦痛をきたしているものの、 心的外傷後ストレス障害 診断 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは、トラウマになる圧倒的な出来事(外傷的出来事)を経験した後に始まる、日常生活に支障をきたす強く不快な反応です。 命が脅かされる出来事や重篤なけがによって、激しい精神的な苦痛が長期間続くことがあります。 その出来事を繰り返し再体験し、悪夢を見たり、それを思い出させるものをすべて避けたりします。 治療法としては、精神療法(支持療法や曝露療法など)や抗うつ薬などがあります。... さらに読む 急性ストレス障害の基準 診断 急性ストレス障害とは、トラウマになる圧倒的な出来事(外傷的出来事)を経験して間もなく始まり、1カ月未満で消失する、日常生活に支障をきたす強く不快な反応です。症状が1カ月を超えて持続する場合は、 心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されます。 ( 心的外傷およびストレス因関連障害群の概要も参照のこと。) 急性ストレス障害の患者は、恐ろしい出来事に直面した経験があります。それは直接的な経験の場合もあれば、間接的な経験である場合もあります... さらに読む を満たさない人では、適応障害の診断が下される場合があります。

治療

  • セルフケア
  • 精神療法(心理療法)

  • ときに特定の症状を治療する薬

適応障害は徹底的な評価と治療を行う必要があります。しかし、適応障害に対する特定の治療を裏付ける科学的根拠は限られています。短期的な精神療法、認知行動療法、支持的精神療法など、多様な個人やグループでの精神療法が使用されて効果を上げています(精神障害の治療:精神療法(心理療法) 精神療法(心理療法) 精神障害の治療は大きな進歩を遂げています。その結果、多くの精神障害に関する治療成績が身体的な病気に近い水準まで向上してきています。 精神障害に対する治療法の大半は、以下のいずれかに分類できます。 身体的な治療法 精神療法(心理療法) 身体的な治療法としては、薬物療法と電気けいれん療法のほか、脳を刺激する治療法(経頭蓋磁気刺激療法や迷走神経刺激療法など)などがあります。 さらに読む を参照)。治療法で、悲嘆などの特定の問題を標的にすることは珍しくありません。

不眠、不安、抑うつなどの症状を治療するためにしばしば薬剤が使用されます。

セルフケア

危機や心的外傷が起きている間と終わった後には、セルフケアが極めて重要になります。セルフケアは次の3つの要素に分類することができます。

  • 個人の安全

  • 身体的な健康

  • マインドフルネス

個人の安全は基本です。心的外傷を一度経験した後は、自分と愛する人が安全であることを知っていれば、その経験をより上手に処理できるようになります。しかし、家庭内での虐待、戦争、感染症のパンデミックといった危機が続いている間は、完全な安全を確保するのが難しいことがあります。そのような困難な状況が続いている間は、自分や愛する人ができる限り安全でいられる方法について、専門家の指導を求めるべきです。

心的外傷を体験している間やその後には、身体的な健康が脅かされる可能性があります。健康的な食事、睡眠、運動のスケジュールを維持するよう努めるべきです。鎮静作用がある薬や中毒になる薬物(アルコールなど)を使用する場合は、控えめにするべきです。

セルフケアに対すマインドフルネスのアプローチは、心的外傷を体験した人が通常経験するストレス、退屈、怒り、悲しみ、孤立感を減らすことを目標とします。状況が許せば、リスクのある人は日常のスケジュールを立て、それに従うべきです(例えば、起床し、シャワーを浴び、服を着替えて、外に出て散歩し、規則正しい食事を準備して食べるなど)。

絵を描いたり、映画を見たり、料理をしたりするなど、慣れ親しんだ趣味や、楽しそうで気晴らしになる活動をすることが役立ちます。

危機的な状況の際に人とのつながりを維持することが困難な場合でも、地域社会への参加は極めて重要です。

ストレッチや運動は素晴らしいことですが、じっと座って自分の呼吸の数を数えたり、周囲の音を注意深く聞いたりすることも同様に役立ちます。人は心的外傷や危機のことで頭がいっぱいになることがあるため、他のことを考えるようにすることが役立ちます(小説を読んだり、パズルに熱中したりする)。心的外傷を体験している間やその後には、不快な感情として「凍りついた」ように感じるのが典型的で、感情の状態を変える活動(笑う、楽しい映画を見る、何かおかしなことをする、クレヨンで絵を描くなど)を見つけることが、安心につながる可能性があります。ストレスがあると、人は自分を気にかけてくれている人にさえ、怒りっぽくなってしまうことがあります。

自発的な優しさが、すべての当事者が満足できる解決策になる可能性があります。素敵な手紙を送ったり、人のためにクッキーを作ったり、笑顔を見せたりすることは、受け取る人にとって嬉しい驚きであるだけでなく、送る人にとっても、心的外傷を経験した人にありがちな絶望感や消極的な態度を減らすことができます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP