Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心的外傷およびストレス因関連障害群の概要

執筆者:

John W. Barnhill

, MD, Weill Cornell Medical College and New York Presbyterian Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

心的外傷(トラウマ)やストレスに関連した精神障害は、心的外傷になる出来事(外傷的出来事)やストレスを感じさせる出来事にさらされることで発生します。具体的な精神障害としては、急性ストレス障害心的外傷後ストレス障害などがあります。これらの精神障害は似た症状を引き起こしますが、症状の持続期間が異なります。

急性ストレス障害は、出来事の直後に始まり、3日~1カ月間続きます。

心的外傷後ストレス障害は1カ月以上続きますが、急性ストレス障害の続きとして発症することもあれば、出来事から最長6カ月経ってから別に発症することもあります。

抑うつ不安がしばしば顕著ですが、心的外傷に関連した障害をもつ患者は、外傷的出来事とは明らかに関連しているようにはみえないこともある多様な症状をしばしば示します。例えば、攻撃的に振る舞う、喜びが感じられない、落ち着きがなくなる、不機嫌になる、怒る、呆然とする、自己や他者から切り離された感覚を抱くことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP