Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

心的外傷およびストレス因関連障害群の概要

執筆者:

John W. Barnhill

, MD, New York-Presbyterian Hospital

医学的にレビューされた 2020年 4月
プロフェッショナル版を見る

心的外傷(トラウマ)やストレスに関連した精神障害は、心的外傷になる出来事(外傷的出来事)やストレスを感じさせる出来事にさらされることで発生します。具体的な精神障害としては、 急性ストレス障害 急性ストレス障害 急性ストレス障害とは、トラウマになる圧倒的な出来事(外傷的出来事)を経験して間もなく始まり、1カ月未満で消失する、日常生活に支障をきたす強く不快な反応です。症状が1カ月を超えて持続する場合は、 心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されます。 ( 心的外傷およびストレス因関連障害群の概要も参照のこと。) 急性ストレス障害の患者は、恐ろしい出来事に直面した経験があります。それは直接的な経験の場合もあれば、間接的な経験である場合もあります... さらに読む 心的外傷後ストレス障害 心的外傷後ストレス障害 (PTSD) 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは、トラウマになる圧倒的な出来事(外傷的出来事)を経験した後に始まる、日常生活に支障をきたす強く不快な反応です。 命が脅かされる出来事や重篤なけがによって、激しい精神的な苦痛が長期間続くことがあります。 その出来事を繰り返し再体験し、悪夢を見たり、それを思い出させるものをすべて避けたりします。 治療法としては、精神療法(支持療法や曝露療法など)や抗うつ薬などがあります。... さらに読む などがあります。これらの精神障害は似た症状を引き起こしますが、症状の持続期間が異なります。

急性ストレス障害は、出来事の直後に始まり、3日~1カ月間続きます。

心的外傷後ストレス障害は1カ月以上続きますが、急性ストレス障害の続きとして発症することもあれば、出来事から最長6カ月経ってから別に発症することもあります。

抑うつ うつ病 うつ病とは、日常生活に支障をきたすほどの強い悲しみを感じているか、活動に対する興味や喜びが低下している状態です。喪失体験などの悲しい出来事の直後に生じることがありますが、悲しみの程度がその出来事とは不釣り合いに強く、妥当と考えられる期間より長く持続します。 遺伝、薬の副作用、つらい出来事、ホルモンなど体内の物質の量の変化、その他の要因がうつ病の一因になる可能性があります。 うつ病になると、悲しみに沈み、動作が緩慢になり、以前は楽しんでい... さらに読む 不安 不安症の概要 不安は誰もが普通に経験する神経質、心配、困惑の感情です。不安は幅広い精神障害、例えば全般不安症、パニック症、恐怖症などでもみられます。このような障害はそれぞれ別のものですが、いずれも特に不安と恐怖に関連した苦痛と日常生活への支障を特徴としています。 不安に加え、患者が息切れ、めまい、発汗、心拍数の上昇、ふるえなどの身体症状を経験することも... さらに読む がしばしば顕著ですが、心的外傷に関連した障害をもつ患者は、外傷的出来事とは明らかに関連しているようにはみえないこともある多様な症状をしばしば示します。例えば、攻撃的に振る舞う、喜びが感じられない、落ち着きがなくなる、不機嫌になる、怒る、呆然とする、自己や他者から切り離された感覚を抱くことがあります。

さらなる情報

  • 米国国立精神衛生研究所、心的外傷(トラウマ)(National Institutes of Mental Health, Trauma):心的外傷の性質に関する一般的な情報(心的外傷への健全な対処法、緊急相談窓口、教育プログラムなど)

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP