Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

窃視症

執筆者:

George R. Brown

, MD, East Tennessee State University

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

窃視症は、自分が見られていると思っていない人が衣服を脱いだり、裸でいたり、性行為をしている姿を見ることで性的に興奮するものです。窃視障害とは、覗き見をしたいという衝動や空想を実行に移したり、そのような衝動や空想のために悩んだり、日常生活を送れなくなったりする場合をいいます。

  • 窃視症者の大半は窃視障害ではありません。

  • 窃視障害の診断は、自身の行動のために強い苦痛を感じているか、日常生活に支障をきたしている場合、または同意のない相手に対して衝動を行動に移した場合に下されます。

  • 治療は通常、窃視症者が逮捕されてから開始され、具体的には精神療法、支援団体、特定の抗うつ薬などがあります。

窃視症はパラフィリアの一種です。窃視症の傾向がある人でも、その大半は窃視障害ではありません。

窃視症では、性的興奮をもたらすのは、観察している相手との性行為ではなく、観察する(のぞき見する)という行為です。窃視症者は、観察対象の相手との性的接触を求めません。自分が見られていると思っていない人を窃視症者が観察する場合、法律上のトラブルになることがあります。

窃視症は通常、青年期から成人期初期にかけて発症します。ある程度ののぞき見行為はよくみられ、男児や成人男性に多いものですが、女性にも増えてきています。社会通念上、このような行為の軽いものは、同意のある成人同士が行う場合には、しばしば正常とみなされます。現在ではインターネット上で広く入手可能になった露骨なセックス関連の画像や動画などを個人的に閲覧する行為は、窃視症とはみなされません。というのは、このような行為には、窃視症の際立った特徴である、秘密ののぞき見という要素が欠けているからです。

窃視障害は、最も多くみられる種類のパラフィリアであり、圧倒的に男性に多くみられます。

窃視症が重症化して窃視障害になると、患者はのぞき見の機会を求めて多くの時間を費やすことになります。その結果、生活上の重要な部分を怠ったり、責任を果たさなくなったりします。窃視症が性的嗜好になり、長時間にわたってのぞき見を続けるようになることもあります。

診断

  • 具体的な診断基準に基づく医師による評価

窃視障害は以下の場合に診断されます。

  • 自分が見られていると思っていない人が裸でいたり、服を脱いだり、性行為をしている姿を観察することで反復的に強い興奮を覚え、その興奮が空想、衝動、または行動で表現されている。

  • その結果として、強い苦痛を感じているか、日常生活に(職場、家庭内、または友人関係で)支障をきたしている、もしくは、同意のない相手に対して衝動を行動に移している。

  • その状態が6カ月以上続いている。

治療

  • 精神療法、支援団体、特定の抗うつ薬

  • ときに他の薬剤

治療は、通常は窃視症者が逮捕された時点で開始されます。治療には精神療法、支援団体、および抗うつ薬の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などが利用されます。

SSRIで効果がみられず、障害が重度の場合は、 テストステロンの血中濃度を低下させて性衝動を抑える薬剤を使用することがあります。そのような薬剤にはリュープロレリンや酢酸メドロキシプロゲステロンがあります。これらの薬剤を使うには、患者のインフォームド・コンセントが必要で、医師は肝機能に対する影響をモニタリングするための定期的な血液検査とともに、他の検査(骨密度検査や テストステロン濃度を測定する血液検査など)を実施します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP