Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

異性装

執筆者:

George R. Brown

, MD, East Tennessee State University

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

異性装とは、異性の衣類を着用することで繰り返し強い性的興奮を得ることをいいます。異性装障害とは、異性装が多大な苦痛を引き起こしたり、日常生活に支障をきたしたりする場合をいいます。

  • 異性装者のほとんどは異性装障害ではありません。

  • 異性装障害の診断は、異性装への欲求のために、強い苦痛を感じているか、日常生活に支障をきたしている場合に下されます。

  • 確実に効果が得られる薬剤はありませんが、精神療法が必要な場合には、患者が自己を受容して、生活上問題となりうる行動を抑制する手助けをするのに精神療法が役立つことがあります。

異性装はフェティシズムの一種(衣服がフェティシズムの対象物)であり、パラフィリアの一種です。異性装では、男性が女性の衣類を、あるいは、極めて少ないものの、女性が男性の衣類を身に着けるのを好みます。しかし、性転換症の人にみられるように自分の性別を変えたいと思うことはありません。また、性別違和の人の大半でみられるように、自分は反対の性に属しているという内的感覚をもっているわけではありません。しかし、異性の衣類を着用する男性は、ストレスを感じていたり、喪失を体験している場合に性別違和を感じることがあります。

異性装者(またはクロスドレッサー)という用語は通常、異性装のある人を指して用いられます。異性装者という用語はあまり受け入れられていません。

女性の衣類を着る異性愛の男性は、典型的には小児期後期からそのような行動を始めます。この行動は、少なくとも最初は強い性的興奮と結びついています。

異性装者は、性的な刺激以外の理由で異性の衣類を着用することもあり、例えば、不安を和らげたい、リラックスしたい、男性の場合はそれ以外は男性的な自分にある女性的な側面を試してみたいなどの理由です。

10代や20代の頃は異性装のみであった男性が、人生の後半(ときに50代や60代)になって性別違和を感じる場合もあります。このような人はホルモンや性器(性別適合)手術により体を変えようとすることがあります。

パートナーが協力的であれば、異性装によってカップルの性的関係が損なわれないこともあります。このようなケースでは、異性装の男性は部分的または全面的に女性的な服装をして性行為を行うことがあります。

パートナーが協力的でない場合には、異性装者は自分の願望に不安を抱いたり、落ち込んだり、罪悪感や羞恥心を抱いたりします。このような感情に対する反応として、このような男性はしばしば女性向けの衣類が入った洋服ダンスの中身をすべて処分することがあります。こうした処分を行った後に、また女性の衣類、かつら、化粧品を集める期間が続き、さらに罪悪感や羞恥心を抱いて再び処分を行うこともあります。

診断

  • 具体的な診断基準に基づく医師による評価

異性装障害は以下の場合に診断されます。

  • 異性装により反復的に強い興奮を覚え、その興奮が空想、強い衝動、または行動で表現されている。

  • その結果として、強い苦痛を感じているか、日常生活に(職場、家庭内、または友人関係で)支障をきたしている。

  • その状態が6カ月以上続いている。

異性装者のほとんどは異性装障害ではありません。

治療

  • ソーシャルグループと支援団体

  • ときに精神療法

異性装は、そのことで本人が苦痛を感じているか、日常生活に支障をきたしているか、けが、失職、収監などにつながる可能性が高い行動がみられる場合にのみ、精神障害と判断され、治療が必要になります。

治療を求める異性装者はほんの一部にすぎません。しかし、配偶者の困惑がきっかけになったり、異性装が自己の社会生活や仕事に与える影響を心配したりして受診する場合があります。あるいは裁判所からの紹介で治療を受けることもあります。なかには、物質乱用や抑うつなど、他の問題の治療のために受診する人もいます。

異性装をする男性のためのソーシャルグループや支援団体が、しばしば大きな助けになります。

精神療法は、必要な場合、患者が自己を受容し、問題となりうる行動を抑制できるようにすることに焦点を当てます。

確実に有効な薬剤はありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP