Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

小児性愛

執筆者:

George R. Brown

, MD, East Tennessee State University

最終査読/改訂年月 2017年 10月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

小児性愛障害は、小児(通常13歳以下)を対象とする、反復的で性的興奮を引き起こす強い空想、衝動、行動を特徴とします。

  • 小児性愛では、男児のみ、女児のみ、または男児と女児の両方が関心の対象になり、小児のみの場合もあれば、小児と成人が対象になる場合もあります。

  • 小児性愛の診断は、小児に対する関心のために強い苦痛を感じているか、日常生活に支障をきたしている場合、または衝動を行動に移した場合に下されます。

  • 治療としては、長期の精神療法に加えて、性衝動に変化をもたらし、テストステロンの血中濃度を低下させる薬剤を使用します。

小児性愛はパラフィリアの一種です。他者に危害を及ぼすことから、精神障害とみなされます。

個人間の性的関心や性的関わりが小児性愛障害とみなされるかどうかは、当事者たちの年齢に左右されます。欧米社会において小児性愛障害と診断されるには、本人が16歳以上で、かつ性的空想または実際の性行為の対象とする小児より5歳以上年上である必要があります。ただし、年長の青年(17~18歳)と12~13歳の小児との性的関わりは障害とみなされない場合があります。そのような行為が犯罪と認定される年齢基準は、必ずしも一定ではありません。

米国では州により法律が異なりますが、一般に18歳以上の人が16歳以下の被害者と性的関わりをもつと、法定強姦とみなされます。法定強姦のケースは小児性愛の定義に当てはまらないことが多く、医学上の定義も法律上の定義も、ある程度恣意的に特定の年齢で区切っていることが浮き彫りになります。12歳の小児でも法律上結婚が可能な国や文化圏が多く存在するため、小児性愛や法定強姦の定義はいっそう複雑なものとなります。

小児性愛は女性よりも男性にはるかに多くみられます。

小児性愛では、男児のみ、女児のみ、または男児と女児の両方が関心の対象になります。女児と男児のどちらが小児性愛者の被害者になりやすいかは不明ですが、性的虐待一般の被害者になる可能性は女児の方がはるかに高いとみられています。

通常、成人の小児性愛者は対象とする小児の知人であり、家族や義理の親であったり、その小児に対して権力をもつ人物(教師やコーチなど)であったりする場合があります。自分の身内の小児にのみ関心をもつ人もいます(近親相姦)。小児性愛者には、小児だけに引きつけられる人がおり、多くの場合、特定の年齢層や発達段階の小児だけに関心を示します。また、小児にも成人にも関心をもつ人もいます。

性器に接触したり、性交したりするよりも、眺めたり、ただ体に触れたりする方が一般的なようです。

多くの小児性愛者には、物質乱用や物質依存 物質関連障害の概要 薬物は、それが合法的な医療用の薬剤であるか、娯楽目的で使用される薬物(レクリエーショナルドラッグ)であるかにかかわらず、現在では多くの人々にとって、日々の生活になくてはならないものになっています( 医療用途と娯楽用途がある薬物)。 物質関連障害は、脳の報酬系を直接活性化する物質(薬物など)を、それがもたらす快感を求めて使用することで発生し... さらに読む 、または抑うつ うつ病 うつ病とは、日常生活に支障をきたすほどの強い悲しみを感じているか、活動に対する興味や喜びが低下している状態です。喪失体験などの悲しい出来事の直後に生じることがありますが、悲しみの程度がその出来事とは不釣り合いに強く、妥当と考えられる期間より長く持続します。 遺伝、薬の副作用、つらい出来事、ホルモンなど体内の物質の量の変化、その他の要因がうつ病の一因になる可能性があります。 うつ病になると、悲しみに沈み、動作が緩慢になり、以前は楽しんでい... さらに読む がみられたり、そのような問題が生じたりします。また機能不全家族(家庭崩壊した家族)の出身であることが多く、夫婦間の不和もよくみられます。多くが子どもの頃に性的虐待を受けています。

診断

  • 具体的な診断基準に基づく医師による評価

小児性愛の診断は以下の場合に下されます。

  • 小児(通常13歳以下)を対象とする、反復的で性的興奮を引き起こす強い空想、衝動、行動を経験している。

  • 強い苦痛を感じているか、日常生活に(職場、家庭内、または友人関係で)支障をきたしている、もしくは衝動を行動に移している。

  • 本人が16歳以上で、かつ空想または実際の行動の対象とする小児より5歳以上年上である。(ただし、12~13歳の小児と持続的な関係をもっている年長の青年は除く。)

  • その状態が6カ月以上続いている。

治療

  • 精神療法

  • 薬剤

小児性愛の治療は、個人またはグループでの長期的な精神療法と、性衝動に変化をもたらし、テストステロンの血中濃度を低下させる薬剤によって行われることがあります。

治療の結果は様々です。自発的に治療を受け、社会技能の訓練や他の問題(薬物乱用や抑うつなど)の治療に取り組めば、最もよい成果が得られます。犯罪を犯して逮捕され、法的処分を受けた後でようやく治療を受けた場合は、あまり有効ではないことがあります。

小児性愛者を単に刑務所などの施設に収監するだけでは、たとえ長期間の収監であっても、小児性愛の願望や空想に変化が起きることはありません。しかし、収監された小児性愛者の中には、通常は薬物療法を含む長期的な監視下の治療に専念し、小児性愛的行動が抑制できるようになって社会復帰を果たす人もいます。

薬剤

米国では、通常は以下の薬剤が使用されます。

  • 酢酸メドロキシプロゲステロンの筋肉内注射

メドロキシプロゲステロン(プロゲスチンの一種)は、女性ホルモンのプロゲステロンと類似するホルモン剤です。

ほかにリュープロレリンがあります。

メドロキシプロゲステロンとリュープロレリンは、下垂体 下垂体の概要 下垂体はエンドウマメ大の腺で、脳基底部の骨でできた構造(トルコ鞍[あん])の内部に収まっています。トルコ鞍は下垂体を保護していて、下垂体が大きくなる余地はほとんどありません。 下垂体は他の多くの内分泌腺の働きを制御しているため、内分泌中枢とも呼ばれます。また、下垂体は脳内でそのすぐ上に位置している視床下部に大部分を制御されています。視床下... さらに読む から精巣にテストステロン(男性ホルモン)の分泌を促すシグナルが送られるのを阻止します。これによりテストステロン濃度と性衝動が低下します。医師は定期的に血液検査を行って肝機能に対するこれらの薬剤の影響をモニタリングし、また他の検査も行います(骨密度検査やテストステロン濃度測定のための血液検査など)。このような薬剤が、女性の小児性愛者にどの程度有用であるかについては不明です。

薬物療法は精神療法や社会技能の訓練と組み合わせることで効果が高まります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP