Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

非感染性髄膜炎

執筆者:

John E. Greenlee

, MD, University of Utah School of Medicine

最終査読/改訂年月 2019年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

非感染性髄膜炎は、髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)の炎症のうち、感染症以外の病気または薬剤やワクチンが原因であるものをいいます。

髄膜炎に関する序も参照のこと。)

脳と脊髄は、3層の組織層(髄膜)で覆われています。くも膜下腔は、脳や脊髄を覆う髄膜のうち、中間層と最内層の間にある空間です。この空間は髄液で満たされています。髄液は髄膜の間を流れるほか、脳の内部も満たしており、脳と脊髄のクッションとして機能します。

非感染性髄膜炎は、無菌性髄膜炎(髄膜炎の典型的な原因菌以外の原因による髄膜炎)の一種です。

脳を覆う組織

脳は頭蓋骨の内部で、髄膜と呼ばれる以下の3層からなる組織に覆われています。

  • 硬膜(外側の層)

  • くも膜(中間の層)

  • 軟膜(内側の層)

くも膜下腔とは、くも膜と軟膜の間の空間のことで、この空間は髄液で満たされています。髄液は髄膜の間を流れるほか、脳の内部も満たしており、脳と脊髄のクッションとして機能します。

脳を覆う組織

原因

非感染性髄膜炎は、感染症以外の病気または薬剤やワクチンによって引き起こされます。髄膜炎全体で見ると、これらが原因で起こるものは多くありません。

非感染性髄膜炎を引き起こす感染症以外の病気で最も多いのは、免疫系が機能不全に陥って自己の組織を攻撃することで炎症が起きる自己免疫疾患など、炎症を引き起こす病気です。そのような病気の例として、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどがあります。

非感染性髄膜炎を引き起こす薬剤としては、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)や一部の抗菌薬などがあります。NSAIDによる非感染性髄膜炎は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスのような自己免疫疾患がある人に発生することがあります。

非感染性髄膜炎は、脳内の嚢胞(シスト)が破裂し、そこから液体がくも膜下腔に漏れ出ることで発生することもあります。このような嚢胞は、出生時から存在することもあれば、嚢虫症と呼ばれる条虫感染症によってできることもあります。

icon

非感染性髄膜炎の主な原因

種類

病気

体の他の部位から広がったがん(白血病、リンパ腫、黒色腫、乳がん、肺がんなど)

関節リウマチ

脳内の嚢胞(シスト)の破裂

免疫を抑制する薬(自己免疫疾患や炎症の治療や臓器移植での拒絶反応の予防のために使用される)

アザチオプリン

シクロスポリン

シタラビン

免疫グロブリンの静脈内投与(静注)

非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)(イブプロフェン、ナプロキセン、スリンダク、トルメチンなど)

その他の薬

特定の抗菌薬(シプロフロキサシン、イソニアジド、ペニシリンなど)

カルバマゼピン(抗てんかん薬)

フェナゾピリジン(phenazopyridine)(泌尿器系の症状に用いられる)

ラニチジン*(胃潰瘍治療薬)

サルファ剤(トリメトプリム-スルファメトキサゾール[抗菌薬]やサラゾスルファピリジン[潰瘍性大腸炎の治療薬])

診断または治療のため、くも膜下腔に注射された物質†

麻酔薬

抗菌薬

化学療法薬

画像検査で使用される放射線不透過性の造影剤

*ラニチジン(経口薬、静脈内投与薬、および市販薬)は、がんを引き起こすと考えられる物質であるN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が容認できない値であるため、米国および他の多くの国で市場から回収されました。

†くも膜下腔は、脳や脊髄を覆う髄膜のうち、中間層と最内層の間にある空間で、この空間は髄液で満たされています。

症状

一般に、非感染性髄膜炎の症状は、細菌性髄膜炎のものに似ていますが、細菌性髄膜炎に比べてより軽く、進行もゆっくりです。症状には頭痛、項部硬直のほか、しばしば発熱があります。項部硬直が起こると、あごを胸に近づけたときに痛みが走ります。

大半の患者は1~2週間以内に回復します。

診断

  • 腰椎穿刺と髄液の分析

医師は、頭痛と項部硬直のある患者(特に発熱がある場合)を見たら、髄膜炎を疑います。そして、髄膜炎の原因が細菌かそうでないかの判定を試みます(細菌であれば直ちに治療が必要です)。症状が軽ければ、細菌が原因である可能性は低くなります。

さらに腰椎穿刺によって髄液のサンプルが採取されます。頭蓋内の圧力が上昇している、または脳内の嚢胞や他の腫瘤が原因であると医師が疑う場合は、CT検査またはMRI検査が最初に行われます。このような場合、腰椎穿刺を行うと、脳ヘルニアと呼ばれる生命を脅かす病態が引き起こされる可能性があります。頭蓋内の圧力が低下した後、または腫瘤が検出されない場合は、腰椎穿刺が行われます。

髄液のサンプルは、検査室に送られて分析されます。検査室では、髄液中の糖とタンパク質の濃度や、白血球の数と種類が調べられます。また、細菌性髄膜炎の診断を確定または否定するために、髄液を培養して細菌の有無を確認します。髄液中に過剰な白血球が含まれている(炎症を示唆します)にもかかわらず、原因になりそうな細菌が含まれていない場合、非感染性髄膜炎の可能性があります。続いて、髄液中のウイルスや真菌など、細菌以外の感染性微生物を特定するため他の検査が行われます。

髄膜炎を引き起こす病気があるかそのような薬剤を使用していて、症状と検査結果から感染症が示唆されない場合、非感染性髄膜炎である可能性が高くなります。

治療

  • 原因の治療

患者の容態が非常に悪そうであれば、医師は原因を特定する検査の結果を待たず、直ちに治療を開始します。細菌性髄膜炎でないことが確実になるまでは、抗菌薬による治療を行います。細菌性髄膜炎を治療しないでいると、急速に脳または神経の永続的な損傷が生じ、死に至ることもあるからです。単純ヘルペスウイルスによる感染症の可能性を考慮して、アシクロビル(抗ウイルス薬の一種)も投与されます。

原因が特定されれば、それに応じた治療(例えば、原因疾患の治療または薬剤の中止など)が行われます。必要に応じて症状に対する治療が行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP