Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

結膜充血および流涙を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作 (SUNCT)

執筆者:

Stephen D. Silberstein

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 6月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

結膜充血および流涙を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作(SUNCT:Short-lasting Unilateral Neuralgiform headache with Conjunctival injection and Tearing)は、群発頭痛に似たまれな病気です。通常は、片側の眼の周囲に短時間の発作が頻繁に起こります。

痛みは通常、片側の眼の周囲に起こります。1日に最大200回発作が起こることがあり、痛みの持続時間は5秒から6分強に及びます。発作が起こった方の眼は充血し(結膜充血と呼ばれます)、しばしば流涙します。

SUNCTの診断は、症状に加えて、ほかの原因を否定するために行うMRI検査の結果に基づいて下されます。

治療

  • リドカイン

  • 発作の予防として、抗てんかん薬の使用または特定の薬剤の注射

発作時の痛みを軽減するためには、リドカイン(麻酔薬の一種)が静脈内投与されます。

発作の予防に、医師は抗てんかん薬(ラモトリギン、トピラマート、ガバペンチンなど)を処方するほか、発作が起こった方の眼につながる神経(視神経)を遮断または刺激する薬を注射することがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP