Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

低髄液圧性頭痛

執筆者:

Stephen D. Silberstein

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

低髄液圧性頭痛は、腰椎穿刺によって髄液が採取されたり、脊髄を覆う組織層(髄膜)の1つにできた嚢胞や裂傷から髄液が漏れたりしたときに起こります。髄液は、脳の周りを流れ、衝撃を和らげる働きがあり、これが失われると、脳周囲の圧力が下がります。

低髄液圧性頭痛は、以下の処置の後に起こるのが最も一般的です。

  • 腰椎穿刺

低髄液圧性頭痛は、腰椎穿刺を受けた人の最大3分の1の人に起こり、通常は処置の数時間から1~2日後に発生します。腰椎穿刺とは、腰にある2つの脊椎の間に針を挿入し、脊柱管から髄液のサンプルを採取する処置です。髄液は、脳と脊髄を覆う組織層(髄膜)の間を流れる液体で、脳への衝撃を和らげ、脳を支える働きがあります。腰椎穿刺の後、針を刺した箇所にできた小さな穴から、髄液が漏れ続けることがあります。髄液の漏れが速く、髄液の新たな産生が追いつかなければ、脳の周りの液体の量が減少し、脳が下方に陥没して、周囲の組織や神経が引っ張られます。その結果、頭痛が生じます。

頭痛の概要も参照のこと。)

腰椎穿刺の方法

脳脊髄液(髄液)は、脳と脊髄を覆っている3層の組織(髄膜)のうち、中間の層と内側の層との間にある空間(くも膜下腔)を流れています。

髄液のサンプルを採取するには、脊柱の下の方にある2つの椎骨の間(通常は第3腰椎と第4腰椎の間か第4腰椎と第5腰椎の間で、脊髄の下端部より下に位置します)に中空の細い針を刺し込みます。

通常、患者は膝を胸の方に曲げた状態で横向きに寝ます。この姿勢をとると、椎骨と椎骨の隙間が広がるため、刺す際に針が骨に当たりにくくなります。

針から流れ出た髄液は試験管に集められて、検査室に送られます。

腰椎穿刺の方法

低髄液圧性頭痛は、以下のような他の原因によって髄液が漏れている場合にも起こります。

  • 髄膜の内部または付近の嚢胞の破裂。せきやくしゃみをしたときに、嚢胞が破裂することがあります。

  • けがで髄膜が裂けることもあり、頭部や顔面の損傷では特に多くみられます。

低髄液圧性頭痛は、強い痛みを伴います。痛みは座っているときや立っているときに起こり、横になると軽減することがあります。通常は項部硬直、首の痛み、吐き気が生じ、嘔吐がみられる場合もあります。

診断

  • 医師による評価

  • ときに画像検査

低髄液圧性頭痛の診断は、症状と状況に基づいて下されます。

腰椎穿刺を受けた患者では、多くの場合診断は明らかで、検査が必要なことはまれです。

腰椎穿刺を受けたことがない場合は、MRIなどの脳の画像検査を行うことがあります。画像検査の前に造影剤を(通常は腕または手の)静脈に注射します。造影剤は、より詳細な画像を得るために使用するものです。

治療

  • 痛み止め

  • 補液とカフェイン

  • ときに硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ)

腰椎穿刺後に頭痛が起きた患者には、痛み止め(鎮痛薬)が投与されます。できるだけ横になっておくことが痛みの軽減に役立ちます。水分やカフェイン(髄液の産生を増大させます)が投与されます。水分は経口で与えられますが、脱水がひどい場合は静脈から投与されます。

このような治療を行った後も頭痛が続く場合は、患者自身の血液を腰の辺りの脊髄と髄膜との隙間に少量注入する処置を行うことがあります。この処置は硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ)と呼ばれ、髄液が漏れる部位や原因に関係なく、髄液の漏れを遅くすることができます。

漏れを修復する手術が必要になることはまれです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP