Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

運動障害の概要

執筆者:

Hector A. Gonzalez-Usigli

, MD, HE UMAE Centro Médico Nacional de Occidente;


Alberto Espay

, MD, University of Cincinnati

最終査読/改訂年月 2016年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

手を上げたりほほ笑んだりといった、体のあらゆる動作には、中枢神経系(脳と脊髄)と神経と筋肉の複雑な相互作用が関わっています。このいずれに損傷や機能不全が起こっても、運動障害の原因になります。

損傷や機能不全の性質と発生部位に応じて、次のような様々な運動障害が起こります。

  • 随意(意図的な)運動を制御する脳領域や、脳と脊髄の接合部の損傷:随意運動を行う筋肉の筋力低下または麻痺、反射の亢進が起こります。

  • 大脳基底核(脳の奥深く、大脳の底部に位置する神経細胞の集まり)の損傷:不随意(意図しない)運動が起こったり、動きが小さくなったりしますが、筋力低下や反射異常は起こりません。

  • 小脳の損傷:協調運動障害がみられます。

大脳基底核は、筋肉が滑らかに動けるようにしている脳の領域です。小脳は全身の動きを調整し、腕と脚の滑らかで正確な動きを助けるとともに、バランスの維持を補助しています。

しゃっくりなどの運動障害は一時的なもので、通常は不自由をもたらすことはありません。一方、パーキンソン病など進行性の重篤な病気では、話すこと、手を使うこと、歩くこと、起立時にバランスを保つことなどが困難になります。

大脳基底核の位置

大脳基底核は、脳の奥深くにある神経細胞の集まりです。以下のものが含まれます。

  • 尾状核(後方に向かって先細る形をしたC字型の構造物)

  • 被殻

  • 淡蒼球(被殻の下にある)

  • 視床下核

  • 黒質

大脳基底核には、筋肉の動きを滑らかにして姿勢を調整する機能があります。

大脳基底核の位置
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP