Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ミオクローヌス

執筆者:

Hector A. Gonzalez-Usigli

, MD, HE UMAE Centro Médico Nacional de Occidente;


Alberto Espay

, MD, University of Cincinnati

最終査読/改訂年月 2016年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ミオクローヌスは、筋肉や筋肉群に起こる素早い稲妻のような収縮を指します。

ミオクローヌスは片手にだけ、または上腕、脚、顔面の1つの筋肉群だけに起こることもあれば、多くの筋肉で同時に起こることもあります。

ミオクローヌスの原因

健康な人でも眠りかけたときなどに、正常なミオクローヌスがよくみられます。例えば、まどろみ始めたときに、(驚いたかのように)はっと目を覚ましたり、体の一部がビクッと跳ねたりします。

しかし、ミオクローヌスは次のような病気が原因で生じることもあります:

ミオクローヌスは、以下のような特定の薬剤を大量に服用した後に発生することがあります。

  • 抗ヒスタミン薬

  • アミトリプチリンなど、一部の抗うつ薬

  • ビスマス

  • レボドパ(パーキンソン病に使用される)

  • オピオイド(麻薬性鎮痛薬)

ミオクローヌスの症状

ミオクローヌスは軽度のこともあれば、重度のこともあります。筋肉の収縮は、素早いこともゆっくりなこともあり、また、リズミカルに起こる場合とそうでない場合とがあります。ミオクローヌスはたまにしか起こらないこともあれば、頻繁に起こることもあります。自発的に起こることもあれば、突然の音、光、動きなどの刺激が引き金となることもあります。例えば、物をとろうとしたり、足を踏み出したりする動作が引き金となって、その動きを遮るような筋肉の素早い収縮が生じることがあります。クロイツフェルト-ヤコブ病(まれな脳変性疾患―)では、驚いたときにミオクローヌスが顕著になります。

ミオクローヌスの原因が代謝性疾患である場合は、症状が持続的になり、全身の筋肉に影響が及ぶことがあります。これはけいれん発作につながることもあります。

知っていますか?

  • 寝入りばなに起こる筋肉の素早いひきつりなど、ミオクローヌスの中には正常なものもあります。

ミオクローヌスの診断

  • 医師による評価

  • 原因を特定するために血液検査のほか、ときにその他の検査

診断は症状に基づいて下されます。

通常、原因を特定するために以下の検査が行われます。

  • 血液検査は通常、血液中の糖、カルシウム、マグネシウム、またはナトリウムの濃度を測定するために行います。これらの物質の測定値が異常であれば、代謝障害が原因である可能性があります。

  • 脳内の特徴的な異常(アルツハイマー病によるものなど)を調べるために、MRI検査を行うことがあります。

  • けいれん性疾患がある人では、ミオクローヌスがないか調べるために脳波検査を行うことがあります。

ミオクローヌスの治療

  • 可能であれば、原因の是正

  • 症状を軽減する薬剤

可能であれば、原因を是正します。例えば、ミオクローヌスを引き起こす可能性がある薬剤は、使用を中止します。高血糖や低血糖を是正し、腎不全は血液透析で治療します。抗てんかん薬(バルプロ酸やレベチラセタムなど)は、けいれん性疾患がある人のミオクローヌスをコントロールするために使用されます。

原因を是正できない場合、抗てんかん薬またはクロナゼパム(弱い鎮静薬)により症状を軽減できることがあります。

5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)は、他の治療で効果がみられない特定のタイプのミオクローヌスがある人に役立つ可能性があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP