Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

舌咽神経痛

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

舌咽神経痛では、のどの奥、扁桃の近く、舌の奧、耳の一部、あごの後方の下部に重度の痛みが生じる発作が繰り返し起こります。その痛みは第9脳神経(舌咽神経)の機能不全によるものです。舌咽神経は、のどの筋肉を動かすとともに、のど、扁桃、舌からの情報を脳に伝えています。

  • 原因はしばしば不明ですが、異常な位置にある動脈によって舌咽神経が圧迫されていることが原因の場合もあります。

  • 耐えがたい痛みを伴う短い発作が、舌またはのどの片側のほか、ときに耳に起こります。

  • 痛みの性質と、のどの奥に局所麻酔をかけて痛みが治まるかどうかに基づいて、診断が下されます。

  • 特定の抗てんかん薬もしくは抗うつ薬、バクロフェン、または局所麻酔剤により痛みが軽減されることがありますが、手術が必要になる場合もあります。

脳神経の概要も参照のこと。)

舌咽神経痛は、通常は40歳を過ぎてから発症するまれな病気で、男性に多くみられます。

多くの場合、原因不明です。

しかし以下の場合に起こることもあります。

  • 異常な位置にある動脈により、舌咽神経が脳幹から出る部位の近くで圧迫される

  • 頭蓋骨底部にあるとがった骨(茎状突起)が異常に長く、舌咽神経を圧迫する

まれに、脳もしくは首の腫瘍、膿瘍、首の動脈(頸動脈)の膨らみ(動脈瘤)、または多発性硬化症が原因になることもあります。

症状

舌咽神経痛の発作は短く、間欠的ですが、耐えがたい痛みが起こります。ものをかむ、飲み込む、話をする、あくびをする、せきをする、くしゃみをするなどの特定の動作がきっかけで発作が起こることもあります。痛みは通常はのどの奥や舌の後部から始まります。ときに耳やあごの後ろの部分まで広がることがあります。痛みは数秒から数分間続き、通常はのどと舌の片側だけに起きます。

診断

  • 症状

  • 綿棒と麻酔薬を用いた検査

  • MRI検査

  • ときにCT検査

痛みの部位と特別な検査の結果に基づいて、舌咽神経痛を三叉神経痛(同様の痛みを引き起こします)と区別します。この検査では、医師が綿棒でのどの奥を触ります。このときに痛みが起きたら、のどの奥に局所麻酔をかけます。局所麻酔によって痛みがなくなった場合は、舌咽神経痛の可能性が高まります。

また、MRI検査を行って腫瘍がないか確認します。CT検査を行い、茎状突起が異常に長くないかを確認することもあります。

治療

  • 抗てんかん薬

  • 局所麻酔

  • ときに手術

三叉神経痛の治療に使用されるものと同じ薬(抗てんかん薬[カルバマゼピン、オクスカルバゼピン、ガバペンチン、またはフェニトイン]、バクロフェン、三環系抗うつ薬[ うつ病の治療に用いられる薬剤])が役立つことがあります。

これらの薬で効果が得られない場合、のどの奥に局所麻酔(リドカインなどを使用します)をかけると、一時的に痛みが抑えられることがあり、診断の確定にも役立つことがあります。

しかし、痛みを根治するには、手術が必要な場合があります。手術では、舌咽神経と圧迫している動脈との間に小さなスポンジを置いて両者を分離します。

神経の圧迫を取り除く

異常な位置にある動脈が脳神経を圧迫して痛みが起こっている場合は、血管減圧術と呼ばれる手術によって痛みを軽減することができます。

舌咽神経痛がある人に行われる舌咽神経の手術は、三叉神経の処理(下記を参照)と同様です。

三叉神経が圧迫されている場合は、後頭部の髪を剃り、その部分を切開します。次に頭蓋骨に小さな穴を開け、脳の端を持ち上げて神経を露出させます。続いて、神経を圧迫している動脈を神経から離して、間に小さなスポンジを挟みます。全身麻酔が必要ですが、この手術による副作用のリスクはわずかです。通常はこの手術で痛みが軽減されます。

神経の圧迫を取り除く
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP