Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

舌下神経の病気

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

第12脳神経(舌下神経)の病気では、舌の侵された側の半分に筋力低下や萎縮が起こります。舌下神経は舌を動かす神経です。

舌下神経の病気の原因としては以下のものがあります。

  • 腫瘍または頭蓋底の骨の異常

  • 脳幹の感染症

  • 頸部の損傷(首の動脈の閉塞を解消する手術[動脈内膜剥離術]の実施後に発生することがある)

  • 筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリッグ病)

脳神経の概要も参照のこと。)

症状

舌の神経が障害された側の筋力が低下し、最終的には萎縮します。その結果、話したり、ものをかんだり、飲み込んだりする動作が困難になります。筋萎縮性側索硬化症による損傷では、小さくわずかにピクピクするような動き(線維束性収縮)が舌の表面で起こります。

診断

  • MRI検査

  • ときに腰椎穿刺

通常、MRI検査を行い、腫瘍または脳卒中の徴候がないかを探します。

がんまたは感染症の可能性がある場合は、腰椎穿刺が必要になることもあります。

治療

  • 原因の治療

治療法は原因によって異なります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP