Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

舌下神経の病気

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る

第12脳神経(舌下神経)の病気では、舌の侵された側の半分に筋力低下や萎縮が起こります。舌下神経は舌を動かす神経です。

  • 舌下神経の病気は、腫瘍、脳卒中、感染症、外傷、または筋萎縮性側索硬化症によって引き起こされることがあります。

  • 舌下神経の病気になると、話したり、ものをかんだり、飲み込んだりする動作が困難になります。

  • 医師は通常、原因を特定するためにMRI検査や腰椎穿刺を行います。

  • その原因に対する治療が行われます。

原因

舌下神経の病気の原因としては以下のものがあります。

症状

舌の神経が障害された側の筋力が低下し、最終的には萎縮します。その結果、話したり、ものをかんだり、飲み込んだりする動作が困難になります。筋萎縮性側索硬化症による損傷では、小さくわずかにピクピクするような動き(線維束性収縮)が舌の表面で起こります。

診断

治療

  • 原因の治療

舌下神経の病気の治療法は原因によって異なります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP