Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

第6脳神経(外転神経)麻痺

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

第6脳神経が麻痺すると、眼球を外側に向けるのが難しくなります。

脳神経の概要も参照のこと。)

麻痺とは動かせなくなること意味し、部分麻痺から完全麻痺まで程度に幅があります。

この麻痺は、以下のような様々な病気によって起こります。

これらの病気の中には、頭蓋内の圧力を上昇させて、神経を圧迫する病気(腫瘍や脳膿瘍など)もあれば、神経への血流を阻害する病気(動脈の閉塞など)もあります。

他の脳神経麻痺を伴わずに第6脳神経麻痺が単独で起きた場合、しばしば原因を特定できません。

症状

麻痺が生じた側の眼は、十分外側に向けることができず、まっすぐ前を見ようとすると内側に向くことがあります。麻痺側の眼の方向を見ようとすると、複視が起こります。

第6脳神経麻痺のその他の症状は原因によって異なります。例えば、頭蓋内の圧力を上昇させる病気が原因であれば、重度の頭痛が起こったり、急に頭を動かしたときに一時的なかすみ目をきたすことがあります。また、顔や口がしびれたり、麻痺した側の眼を他の方向に動かすことができないこともあります。

診断

  • 神経学的診察

  • 眼底検査

  • CTまたはMRI検査

  • ときに腰椎穿刺

  • ときに血液検査

第6脳神経麻痺は通常、眼の診察結果から容易に特定できます。ただし、原因はそれほど明らかではありません。

検眼鏡( 検眼鏡とは)を使って眼の中を観察し、頭蓋内圧の上昇や血管の異常を示す徴候がないかを調べます。腫瘍など頭蓋内の圧力を高める異常の存在を否定するために、脳のCT検査か、できれば脳のMRI検査を行います。画像検査の結果が正常であれば、感染と出血の有無を判断するために腰椎穿刺を行うことがあります。

症状から血管炎が疑われる場合は、血液を採取して、特定の異常抗体(抗核抗体やリウマトイド因子など)や赤血球沈降速度(赤沈—血液を入れた試験管内で赤血球が底に沈む速度)の異常といった、炎症の徴候がないかを確認します。あらゆる検査を行っても、原因を特定できない場合があります。

治療

  • 原因の治療

第6脳神経麻痺の治療法は原因によって異なります。原因に対する治療を行えば、通常は麻痺も消失します。

原因不明の麻痺や、血管の閉塞による麻痺は、治療しなくても通常は2カ月以内に消失します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP