Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

第3脳神経(動眼神経)麻痺

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る

第3脳神経が麻痺すると、眼球運動、光に対する瞳孔の反応、またはその両方が損なわれます。

  • そのような麻痺は、神経に圧力がかかったとき、または神経に十分な血液が供給されないときに起こります。

  • 患者は特定の方向を見たときに複視をきたし、まぶたが垂れ下がるほか、瞳孔が広がる(散大する)こともあります。

  • 医師は神経学的診察およびMRIまたはCT検査を行います。

  • 治療法は原因によって異なります。

麻痺とは動かせなくなること意味し、部分麻痺から完全麻痺まで程度に幅があります。

第3脳神経麻痺の最も一般的な原因は以下のものです。

  • 神経への圧迫

  • 神経への血流の不足

圧迫は、以下のような重篤な病気がもとで起こる傾向があります。

神経への血流の不足は、より多くみられる現象で、通常はあまり重篤ではありません。これは、典型的には以下のものが原因で起こります。

症状

正常な側の眼でまっすぐ前方を見ているときに、麻痺が生じた側の眼はやや外下方を向いてしまい、複視が起こります。麻痺が生じた側の眼で内側を見ようとすると、非常にゆっくりと内側へと動き、中央で止まってしまうことがあります。また、上下には動きません。第3脳神経はまぶたをもち上げ、瞳孔の制御もしているため、第3脳神経が麻痺すると、まぶたが垂れ下がります。瞳孔は正常なこともあれば、瞳孔が広がって(散大し)、光を当てても小さくならない(収縮しない)こともあります。原因が神経の圧迫であれば、しばしば瞳孔に影響が現れます。

麻痺の原因になっている病気が悪化すると、生命を脅かす重篤な状態になることがあります。例えば、突然ひどい頭痛が起こったり、徐々に眠気が強くなったり、患者の反応が少なくなったりします。そのような場合は動脈瘤が破裂して出血していることが原因かもしれません。患者は昏睡状態に陥ることもあります。そのような患者では、両眼とも瞳孔が散大し、光に対する反応がなければ、深い昏睡が示唆され、 脳死 脳死 脳死とは、脳の活動が永久的になくなることです。結果として、脳死した人は自力で呼吸できず、生命維持に必要な他の機能を維持することもできず、すべての認識能力と思考能力を永久的に失います。 人工的な手段によりしばらくは呼吸と心臓の拍動を維持することができますが、いったん脳死が起こると、他の臓器をいつまでも機能させることはできません。 医師が脳死の診断を下すには、具体的に定められた基準に従わなければなりません。... さらに読む の可能性もあります。

診断

  • 神経学的診察

  • MRIまたはCT検査

  • ときにその他の検査

原因を特定するために、脳のMRIまたはCT検査が行われます。

瞳孔の異常がある場合や、症状から重篤な基礎疾患が疑われる場合は、脳のMRIまたはCT検査がすぐに行われます。

動脈瘤の破裂が疑われる場合は、直ちにCT(またはMRI)検査を行います。CT(またはMRI)検査で出血を検出できないときは、 腰椎穿刺 腰椎穿刺 病歴聴取と 神経学的診察によって推定された診断を確定するために、検査が必要になることがあります。 脳波検査は、脳の電気的な活動を波形として計測して、紙に印刷したりコンピュータに記録したりする検査法で、痛みを伴わずに容易に行えます。脳波検査は以下の特定に役立つ可能性があります。 けいれん性疾患 睡眠障害 一部の代謝性疾患や脳の構造的異常 さらに読む 腰椎穿刺 MRアンギオグラフィー検査 MRアンギオグラフィー検査(MRA) MRI(磁気共鳴画像)検査は、強力な磁場と非常に周波数の高い電磁波を用いて極めて詳細な画像を描き出す検査です。X線を使用しないため、通常はとても安全です。( 画像検査の概要も参照のこと。) 患者が横になった可動式の台が装置の中を移動し、筒状の撮影装置の中に収まります。装置の内部は狭くなっていて、強力な磁場が発生します。通常、体内の組織に含まれる陽子(原子の一部で正の電荷をもちます)は特定の配列をとっていませんが、MRI装置内で生じるよう... さらに読む MRアンギオグラフィー検査(MRA) CT血管造影検査 CT血管造影 CT検査(以前はCAT検査とよばれていました)では、X線源とX線検出器が患者の周りを回転します。最近の装置では、X線検出器は4~64列あるいはそれ以上配置されていて、それらが体を通過したX線を記録します。検出器によって記録されたデータは、患者の全周の様々な角度からX線により計測されたものであり、直接見ることはできませんが、検出器からコンピュータに送信され、コンピュータが体の2次元の断面のような画像(スライス画像)に変換します。(CTとは... さらに読む CT血管造影 、または 脳血管造影検査 血管造影 血管造影検査は、X線を用いて血管の詳細な画像を描出する検査で、 CT血管造影検査や MRアンギオグラフィー検査と区別するために「従来の血管造影」と呼ばれることもあります。血管造影の撮影を行いながら、医師が血管の異常を治療することも可能です。血管造影は体に負担をかける検査法ですが、それでも比較的安全です。 血管造影では静止画像だけでなく動画(シネアンギオグラフィーといいます)も撮影でき、血液が血管内を流れる速さを測ることも可能です。(... さらに読む が行われます。

治療

  • 原因の治療

第3脳神経麻痺の治療法は原因によって異なります。原因が生命を脅かす病気である場合は、緊急の治療が必要です。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP