Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

片側顔面けいれん

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, New York Presbyterian Hospital-Cornell Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

片側顔面けいれんとは、第7脳神経(顔面神経)の機能不全が原因で顔の片側に起こる、痛みを伴わないピクピクとした不随意の収縮を指します。顔面神経は顔面の筋肉を動かし、唾液腺と涙腺を刺激し、舌の前方3分の2の部分で味覚を感じることを可能にし、聴覚に関わる筋肉を制御しています。

脳神経の概要も参照のこと。)

片側顔面けいれんは男女ともに起こりますが、中高年の女性でより多くみられます。

以下のことが原因でけいれんが起こる可能性があります。

  • 異常な位置にある動脈や動脈の屈曲部により、顔面神経が脳幹から出るところで圧迫される

症状

顔の片側の筋肉が不随意にピクピクと収縮します。その収縮は通常、まぶたから始まって、頬や口に広がります。筋肉のひきつりは、初期は間欠的にしかみられなくても、やがてほぼ常にみられるようになることがあります。本質的に痛みはありませんが、恥ずかしく感じる人もおり、けいれん発作のように見えることもあります。

診断

  • 症状

  • MRI検査

片側顔面けいれんの診断は、医師がけいれんを見て確認することで下されます。

同様の症状を引き起こす病気として、腫瘍、その他の構造的異常、および多発性硬化症の可能性を否定するために、MRI検査を行う必要があります。また、MRI検査では通常、異常に屈曲した動脈によって神経が圧迫されているのを発見できます。

治療

  • ボツリヌス毒素

  • ときに手術

片側顔面けいれんに対して選択すべき薬剤は、ボツリヌス毒素です。けいれんがある筋肉に注射します。三叉神経痛の治療に使用されるものと同じ薬(カルバマゼピン、ガバペンチン、フェニトイン、バクロフェン、三環系抗うつ薬[ うつ病の治療に用いられる薬剤])が試されることもありますが、通常は役に立ちません。

薬物療法がうまくいかないときは、異常な動脈と神経との間に小さなスポンジを置いて両者を分離する手術が行われることがあります。

神経の圧迫を取り除く

異常な位置にある動脈が脳神経を圧迫して痛みが起こっている場合は、血管減圧術と呼ばれる手術によって痛みを軽減することができます。

片側顔面けいれんがある人に行われる顔面神経の手術は、三叉神経の手術(下記を参照)と同様です。

三叉神経が圧迫されている場合は、後頭部の髪を剃り、その部分を切開します。次に頭蓋骨に小さな穴を開け、脳の端を持ち上げて神経を露出させます。続いて、神経を圧迫している動脈を神経から離して、間に小さなスポンジを挟みます。

全身麻酔が必要ですが、この手術による副作用のリスクはわずかです。通常はこの手術で痛みが軽減されます。

神経の圧迫を取り除く
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP