Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

出血性脳卒中の概要

執筆者:

Elias A. Giraldo

, MD, MS, California University of Science and Medicine School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

出血性脳卒中には、脳の内部で起こる出血(脳内出血)や、脳を覆っている組織の内側の層(軟膜)と外側の層(くも膜)の間で起こる出血(くも膜下出血)などがあります。

脳卒中の概要も参照のこと。)

ほとんどの脳卒中は、脳の一部への血流が遮断され、脳組織が壊死すること(虚血)で起こります。このような脳卒中は虚血性脳卒中と呼ばれます。出血によって起こる脳卒中は、全体の約20%に過ぎません。

出血性脳卒中には、大きく分けて次の2種類があります。

頭蓋内に出血が起こるこれ以外の病気には、硬膜外血腫硬膜下血腫があり、通常これらは頭部外傷によって起こります。これらの病気は、ときに脳卒中に似た症状を引き起こします。

破裂と破綻:出血性脳卒中の原因

脳の血管が弱いもしくは異常な場合、または、尋常でない圧力がかかった場合に、出血性脳卒中が起こることがあります。出血性脳卒中には、脳内出血のように脳の中で出血が起こる場合と、くも膜下出血のように脳を覆っている組織の内側の層と中間の層との間(くも膜下腔)で出血が起こる場合とがあります。

破裂と破綻:出血性脳卒中の原因
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP