Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

出血性脳卒中の概要

執筆者:

Ji Y. Chong

, MD, Weill Cornell Medical College

医学的にレビューされた 2020年 7月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

出血性脳卒中には、脳の内部で起こる出血(脳内出血)や、脳を覆っている組織の内側の層(軟膜)と外側の層(くも膜)の間で起こる出血(くも膜下出血)などがあります。

出血性脳卒中には、大きく分けて次の2種類があります。

頭蓋内に出血が起こるこれ以外の病気には、 硬膜外血腫 硬膜外血腫 頭蓋内血腫は、脳の内部、または脳と頭蓋骨の間に血液がたまった状態を指します。 頭部外傷によって脳の内部、または脳と頭蓋骨の間に血液がたまって生じます。 脳のどの領域が損傷を受けているかに応じて、しつこい頭痛、眠気、錯乱、記憶障害、脳の損傷部位と反対側の体の麻痺、発話や言語能力の障害などの症状が現れます。 頭蓋内血腫はCT検査やMRI検査によって発見されます。 血腫から血液を抜き取る手術が必要になる場合もあります。 さらに読む 硬膜外血腫 硬膜下血腫 硬膜下血腫 頭蓋内血腫は、脳の内部、または脳と頭蓋骨の間に血液がたまった状態を指します。 頭部外傷によって脳の内部、または脳と頭蓋骨の間に血液がたまって生じます。 脳のどの領域が損傷を受けているかに応じて、しつこい頭痛、眠気、錯乱、記憶障害、脳の損傷部位と反対側の体の麻痺、発話や言語能力の障害などの症状が現れます。 頭蓋内血腫はCT検査やMRI検査によって発見されます。 血腫から血液を抜き取る手術が必要になる場合もあります。 さらに読む 硬膜下血腫 があり、通常これらは頭部外傷によって起こります。これらの病気は、ときに脳卒中に似た症状を引き起こします。

破裂と破綻:出血性脳卒中の原因

脳の血管が弱いもしくは異常な場合、または、尋常でない圧力がかかった場合に、出血性脳卒中が起こることがあります。出血性脳卒中には、脳内出血のように脳の中で出血が起こる場合と、くも膜下出血のように脳を覆っている組織の内側の層と中間の層との間(くも膜下腔)で出血が起こる場合とがあります。

破裂はれつと破綻はたん:出血性しゅっけつせい脳卒中のうそっちゅうの原因げんいん
プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP