Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

脳、脊髄、末梢神経の病気の診断に関する序

執筆者:

Michael C. Levin

, MD, College of Medicine, University of Saskatchewan

最終査読/改訂年月 2016年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

神経系は、脳と脊髄に加えて、これらを全身の各部分と接続している神経(末梢神経)で構成されています。

医師は症状に基づいて、脳、脊髄、または神経の異常を疑います。神経系の一部または全体に影響を及ぼす病気(神経疾患)によって生じる症状を神経症状といいます。

神経系は非常に多くの身体機能を制御しているため、神経症状の種類は非常に多岐にわたります。具体的には以下のものがあります。

神経症状には、軽微なもの(足のしびれなど)もあれば、生命を脅かすもの(脳卒中による昏睡など)もあります。

神経疾患の診断では、症状の特徴と発生パターンが参考になります。

神経疾患を示唆する症状がみられる場合、医師は症状とその他の重要な要因(病歴)について具体的な質問をします。通常は身体診察も行って体のすべての器官系を評価しますが、特に神経系を重点的に診察します(これを神経学的診察といいます)。

神経学的診察では、医師が以下のことを行う上で参考になる情報が得られます。

  • 症状の原因となっている異常がある部位を特定する

  • 検査が必要かどうか、必要な場合はどの検査を行うべきかを判断する

診断を確定したり、他の病気の可能性を否定したりするための診断検査が必要になる場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP