Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

神経系の腫瘍の概要

執筆者:

Steven A. Goldman

, MD, PhD, University of Rochester Medical Center;


Nimish A. Mohile

, MD, University of Rochester Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

腫瘍という用語は、それががんであるか(悪性)がんではないか(良性)にかかわらず、組織が異常に増殖して生じる病変を指します。良性の腫瘍は、体の多くの部位では、ほとんど問題を引き起こさないのが通常ですが、脳または脊髄の増殖物や腫瘤(脳腫瘍または脊髄腫瘍)が大きくなると、脳と脊髄を含む構造物(頭蓋骨と脊椎)はその分膨張できないため、大きな損傷をもたらす可能性があります。

腫瘍は、がんであるか否かにかかわらず、脳または脊髄の神経組織から発生することがあります。悪性腫瘍(がん)は、身体の他の部位から脳または脊髄に広がる(転移する)可能性があります。

神経系以外の場所にできる一部のがんは、神経組織に広がった証拠がみられないにもかかわらず、神経系の機能障害の症状を引き起こすことがあります。このような病態は腫瘍随伴症候群と呼ばれます。具体的な症状としては、認知症、気分の変動、けいれん発作、協調運動障害、めまい、複視、眼球運動の異常などがあります。最もよくみられる腫瘍随伴症候群の影響は末梢神経系の機能障害(多発神経障害)で、それにより筋力低下、しびれ、チクチク感などの症状が現れます。

神経系の腫瘍は、手術、放射線療法、化学療法などによって治療され、多くの場合これらを組み合わせた治療が行われます。放射線療法は、たとえ最善の予防策を行っても、ときに神経系を損傷することがあります。化学療法は脳の機能に影響を与える可能性があるため、医師は化学療法薬を慎重に選択し、不必要な害を避けるようにします。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP