Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

特定の脳腫瘍

執筆者:

Steven A. Goldman

, MD, PhD, University of Rochester Medical Center;


Nimish A. Mohile

, MD, University of Rochester Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

脳腫瘍(表脳の内部または周囲に発生する腫瘍も参照)は、その種類に応じて、発生位置、好発する人、症状などの特性が異なります。

神経膠腫

神経膠腫には、星細胞腫、乏突起膠腫、上衣腫などがあります。星細胞腫は最もよくみられる神経膠腫です。

一部の星細胞腫と乏突起膠腫は増殖が緩やかで、初期にはけいれん発作しか引き起こさない場合もありますが、他の神経膠腫(退形成性星細胞腫と退形成性乏突起膠腫など)は、急速に増殖する悪性の腫瘍です。(退形成性とは、細胞が特定の機能を果たすように分化していない、つまり、細胞が未分化であることを意味します。腫瘍における未分化細胞は腫瘍が急速に成長していることを示唆します。)星細胞腫は若い人に発生する傾向があります。非常に進行が速くなることがあり、その場合は神経膠芽腫と呼ばれます。神経膠芽腫は中高年の人に発生する傾向があります。神経膠芽腫は非常に急速に増殖することがあり、脳圧を上昇させて、頭痛や思考力の低下をもたらします。脳圧が非常に高くなると、眠気が生じ、やがて昏睡に至ることもあります。

上衣腫は、脳室の内壁を覆っている組織の細胞から発生します。上衣腫はまれな腫瘍で、主に小児に発生します。

神経膠腫の症状は、腫瘍の発生場所によって様々です。

  • 前頭葉(額の後ろ):この部位に腫瘍ができると、けいれん発作、歩行の問題、切迫した尿意、尿失禁(意図しない排尿)、麻痺が生じる可能性があります。患者は注意を払ったり、明瞭に思考したりできなくなる可能性があります。反応が鈍くなることもあります(嗜眠)。優位側の前頭葉(大部分の人は左前頭葉、左利きの人の一部では右前頭葉)に腫瘍が発生した場合は、言語障害が起こります。患者は自分で何を言いたいか分かっているにもかかわらず、うまく言葉で表現できなくなります。

  • 頭頂葉(前頭葉の後ろ):この部位に腫瘍ができると、位置覚(体の部位が空間のどこにあるかを知る能力)がなくなり、感覚が変化します。患者は、1箇所で触れられているのか2箇所で触れているかのか判断できなくなることがあります。ときに、両眼の視力が部分的に失われ、両眼とも腫瘍の反対側が見えなくなることがあります。けいれん発作が起こることもあります。

  • 側頭葉(側頭部の耳の上):この部位に腫瘍ができるとけいれん発作が起こります。優位側の側頭葉に腫瘍ができた場合は、言語を理解し、言語で表現する能力が失われます。両眼の視力が部分的に失われ、両眼とも腫瘍と反対の側が見えなくなることがあります。

  • 後頭葉(頭の後ろ側、小脳の上):この部位に腫瘍ができると、両眼の視力が部分的に失われることがあります。幻覚(そこにないものが見える)、けいれん発作がみられることもあります。

  • 小脳の中あるいは近く(首のすぐ上の後頭部):この部位に腫瘍ができると、眼振(眼球が一方向に急速に動いた後ゆっくり元の位置に戻る現象)、協調運動障害、不安定な歩行が引き起こされ、ときに難聴や回転性めまいが生じることもあります。腫瘍が髄液の出口をふさぐため、脳室内に液が貯まります。その結果、脳室が拡大し(水頭症と呼ばれる状態)、頭蓋内圧が上昇します。症状として、頭痛、吐き気、嘔吐、眼を上に向けられない、視力障害(複視など)、嗜眠などが起こります。乳児では、頭部が拡大します。圧力が著明に上昇すると、脳ヘルニアが起こり、昏睡や死に至ることがあります。

髄芽腫

髄芽腫は、主に小児や若い成人に発生します。髄芽腫は小脳に発生します(小脳は後頭部の首のすぐ上にあります)。そのため、この腫瘍は脳内の空間(脳室)から髄液が排出されるのを妨げる可能性があります。すると、髄液が脳室内にたまり、脳室が拡大します(水頭症)。その結果、脳にかかる圧力が上昇します。この腫瘍は、眼振(眼球が一方向に急速に動いた後ゆっくり元の位置に戻る現象)、協調運動障害、歩行不安定をもたらすこともあります。

髄芽腫は、髄液(脳と脊髄の周りを流れる液体)を介して、上は大脳、下は脊髄にまで広がることがあります。

髄膜腫

髄膜腫は、最も一般的な脳腫瘍の1つです。通常は良性ですが、摘出後に再発する可能性があります。

髄膜腫は、女性に多くみられる唯一の脳腫瘍です。通常は40~60歳の人に発生しますが、小児期や晩年に増殖を始めることもあります。髄膜腫は、脳に直接浸潤することはありませんが、脳または脳神経を圧迫したり、髄液の吸収を妨げたり、またはその両方の原因になったりすることがあります。

出現する症状は、どこで腫瘍が発生するかによって異なります。症状としては、筋力低下またはしびれ、けいれん発作、嗅覚障害、視力の変化、精神機能障害などがあります。高齢者では、髄膜腫が認知症を引き起こすこともあります。

松果体腫瘍

脳の奥深くにある小さな構造物である松果体の近くで腫瘍が発生することがあります。松果体腫瘍は通常小児期に発生し、しばしば(特に男児で)思春期早発の原因になります。腫瘍が脳の周囲の髄液の排出を妨げるために、水頭症(脳室に液体がたまり、脳室が拡大する病態)が起こります。その結果、脳にかかる圧力が上昇します。

松果体腫瘍のうち最も多いのが、胚細胞腫瘍です。

松果体腫瘍の症状には、眼を上に向けることができない、まぶたが垂れ下がる、などがあります。眼が光の変化に順応できないこともあります。

下垂体腫瘍

脳の底部にある下垂体は、体内の多くの内分泌系(ホルモン)を制御しています。下垂体にできる腫瘍の多くは下垂体腺腫で、これは通常良性です。下垂体腺腫は、異常に大量の下垂体ホルモンを分泌するか、あるいはホルモンの分泌を阻害します。大量のホルモンが分泌される場合は、どのホルモンが分泌されるかによって影響が異なります。

  • 成長ホルモン:背が伸びすぎる(巨人症)、または、頭部、顔、手足、胸が不釣り合いに大きくなる(先端巨大症

  • 副腎皮質刺激ホルモン(コルチコトロピン):クッシング症候群

  • 黄体刺激ホルモン(プロラクチン):女性では月経が止まったり(無月経)、授乳中でない人に母乳が出たりする(乳汁漏出)。男性では性欲減退、勃起障害、乳房の肥大(女性化乳房)など

  • バソプレシン:尿崩症(強いのどの渇きと排尿の増加をもたらす)

ホルモンを分泌する下垂体の組織が下垂体腫瘍によって破壊されると、ホルモンの分泌が阻害されて、最終的に体内の下垂体ホルモンの量が不足するようになります。

頭痛がよく起こります。まれに、腫瘍内への出血が起こると、突然の頭痛と視力障害が生じます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP