Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

神経系の概要

執筆者:

Steven A. Goldman

, MD, PhD, University of Rochester Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

神経系は、中枢神経系(脊髄)と末梢神経系(脳と脊髄以外の神経)という2つの部分で構成されています。

神経系の基本的な構成単位は神経細胞(ニューロン)です。神経細胞は、大きな細胞体と以下の2種類の神経線維で構成されています。

  • 軸索:長く伸びた1本の突起で、メッセージを電気信号として伝送する役割を担っています

  • 樹状突起:通常は多数ある枝で、ほかの神経細胞から信号を受け取る役割を担っています。

普通、神経を伝わる電気信号は、1つの神経細胞(ニューロンとも呼ばれる)の軸索から送られ、隣の神経細胞の樹状突起で受け取られるという一方向で伝達されます。神経細胞同士が接合する部分(シナプス)では、軸索から微量の化学伝達物質(神経伝達物質)が放出されます。すると、その神経伝達物質によって隣の神経細胞の樹状突起にある受容体が刺激され、そこで新しい電流が発生します。こうしたシナプスを介する信号の伝達には、神経の種類毎に異なる神経伝達物質が利用されます。隣の神経細胞を刺激する信号もあれば、それを遮る信号もあります。

脳と脊髄には、神経膠細胞(またはグリア細胞)と呼ばれる支持細胞も存在します。神経膠細胞には以下の種類があります。

  • 星細胞:神経細胞に栄養を与えるとともに、神経細胞の周りにある液体の化学組成を整え、神経細胞の成長を可能にします。この細胞は、神経細胞が信号を送信する頻度にも影響を与えるため、一群の神経細胞の活動性を調節する役割も担っています。

  • 乏突起膠細胞:ミエリンという軸索を絶縁する脂質を作り出すことで、信号が神経線維をより速く伝わるようにします。

  • グリア前駆細胞:星細胞や乏突起膠細胞に変化することで、けがや病気で破壊されたこれらの神経細胞を補充します。グリア前駆細胞は、成人の脳のいたるところに存在します。

  • ミクログリア:脳を感染から守り、壊死した細胞片を除去します。

脳と脊髄は灰白質白質で構成されています。

灰白質は、神経細胞体、樹状突起、軸索、神経膠細胞、毛細血管(体内で最も細い血管)で構成されています。

白質は、ニューロンが非常に少なく、多層のミエリンで覆われた軸索とミエリンを作り出す乏突起膠細胞で主に構成されています。白質が白く見えるのは、このミエリンの色によるものです。(ミエリンには、信号が神経を伝わる速さを高める働きがあります— 神経

ある神経細胞と他の神経細胞との接合の数は絶えず増減しています。人が学習したり、適応したり、記憶したりできるのは、1つにはこの仕組みによると考えられています。しかし、脳や脊髄で新しい神経細胞が作り出されることは、ほとんどありません。例外は、記憶の形成に関与する海馬と呼ばれる領域です。

神経系は、膨大な量の情報を同時に送受信できる、極めて複雑な情報伝達システムです。しかし、以下に挙げるように、病気やけがに対しては脆弱です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP