Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

睡眠時随伴症

執筆者:

Karl Doghramji

, MD, Jefferson Sleep Disorders Center, Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2016年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

睡眠時随伴症とは、入眠直前、睡眠中、または覚醒時に起こる異常行動のことを指します。

成人でも小児でも、睡眠中に、ほとんど記憶に残らない様々な行動を無意識のうちに起こすことがあります。

入眠の直前に腕や体全体がビクッと動くことはほぼすべての人が経験します。ときには脚にも同様の現象がみられます。入眠直後や覚醒時に、睡眠麻痺(体を動かそうとしても動かせない状態)が起こったり、浮かんでは消える短時間の映像や思考が生じたりすることもあります。歯を食い縛ったり、歯ぎしりをしたり、悪夢を見たりする人もいます。

小児では、睡眠時遊行症、頭を大きく振る動作、夜驚症などがよくみられ、親を非常に心配させることがあります。通常、本人はこれらの現象を覚えていません。

夜驚症

夜驚症(やきょうしょう)は、睡眠中に恐怖で起き上がったり、悲鳴を上げたり、腕を振り回したりする発作です。眼が見開き、心臓の鼓動が速くなります。本人は非常に怯えた様子を呈します。夜驚症は通常、ノンレム睡眠中に起こり、典型的には夜の最初の2~3時間にみられます。

夜驚症は悪夢とは異なり、睡眠時遊行症に至ることがあります。

夜驚症は小児に多くみられます。眼を覚まさせると、より強い恐怖が生じるため、起こしてはいけません。非常に苦しそうに見えますが、起床後に発作の事実や夢に見た映像を覚えていることはなく、こうした睡眠中の行動によって精神的な問題が生じることもありません。そのため、親も過剰に悩む必要はありません。通常は、成長するにつれて発作が起こらなくなります。

成人の発作には、しばしば精神的な問題またはアルコール依存症が関連しています。

小児であれば、親が安心させるだけで十分な場合があります。学業などの活動に支障をきたす場合、比較的年長の小児であれば、ベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム、クロナゼパム、アルプラゾラムなど)による治療が役立つことがあります。不安の治療(抗不安薬)や睡眠の誘導(鎮静薬)に用いられるこれらの薬剤を、就寝の90分前に服用します。これらの薬剤により、小児はよく眠れるようになり、夜驚症が起こりにくくなる可能性があります。しかし、ベンゾジアゼピン系薬剤の長期的な使用は、薬物依存をもたらすことがあります。そのため、通常これらの薬剤の使用は、比較的短期間(約3~6週間)に留められます。

成人では精神療法または薬物療法が有益な場合があります。

悪夢

悪夢は鮮明かつ恐ろしい夢で、突然目が覚めます。小児は、成人と比べて悪夢をよく見る傾向があります。悪夢はレム睡眠中に起こります。

ストレスを抱えているとき、熱があるとき、極度に疲れているとき、飲酒したときなどは悪夢を見やすくなります。

治療が必要な場合は、その原因になっている問題に着目します。

睡眠時遊行症(夢遊病)

睡眠時遊行症は、睡眠中の人が自覚のないまま半ば無意識の状態で歩き回る現象で、小児期の後期と青年期に最も多くみられます。睡眠時遊行症は睡眠の最も深い段階で起こります。睡眠時遊行症の人は歩きながら夢を見ているわけではありません。実際、発生時の脳の活動状態は、異常ではあるものの、睡眠中より覚醒時のものに似ています。

睡眠時遊行症の人は、歩きながら繰り返し何かをつぶやいたり、障害物にぶつかってけがをすることがあります。ほとんどの人は睡眠中に歩き回ったことを覚えていません。

睡眠不足であったり、目がさえるような行動をすると( 睡眠を改善するための行動修正)、睡眠時遊行症が起こりやすくなります。例えば、就寝前にカフェインを摂取したり、運動したり、興奮するようなテレビ番組を見たりすると、睡眠時遊行症が起こりやすくなります。

通常、睡眠時遊行症によってけがをするのでない限り、特別な治療は不要です。

次に挙げる一般的な対策を講じることで、睡眠時の遊行の頻度を低下させる助けになります。

  • 睡眠を改善する対策を講じる(例えば、就寝前は、運動やカフェインの摂取など、心身を刺激する行動を避ける)

  • 寝室や隣接する廊下の明かりを点灯したままにしておく(ときに睡眠時遊行症の発生を抑えられることがあります)

  • 患者がベッドを離れるとアラームが鳴るようにする(ただし、ときに患者を興奮させることがあります)

遊行中のけがを予防するには、次のような対策が役立ちます。

  • 無理に目を覚まさせると患者が興奮することがあるため、ベッドに戻るよう優しく誘導する

  • 遊行中の歩行の邪魔になりそうな障害物を排除しておく

  • 窓は閉めて鍵をかけておく

  • 睡眠時遊行症のある人は、ベッドから出るときにけがをしないよう、低めのベッドや床に布団を敷いて寝るようにする

一般的な対策で効果がなければ、ベンゾジアゼピン系薬剤(特にクロナゼパム)が有用となる場合があります。

レム睡眠行動障害

この病気は、レム睡眠中に(下品に)話したり、ときに乱暴な動きをしたりするもので、これらの行動は通常、夢に反応して起こります。

この病気は高齢者に多く、特に脳の変性が起こる病気(パーキンソン病やアルツハイマー病など)のある人によくみられます。

夜驚症の人と異なり、レム睡眠行動障害の人は、翌日目を覚ましたときに、発作中に鮮明な夢を見たことを覚えている場合があります。

乱暴な動きとしては、腕を振り回す、殴る、蹴るなどがあります。この乱暴な行動は意図的なものではなく、誰かに向けられたものでもありません。知らないうちに、けがをしたり、一緒に寝ている人にけがをさせたりすることがあります。また、この行動により眠りが妨げられて、日中に疲労や眠気が生じます。

多くの場合、レム睡眠行動障害は、本人またはベッドパートナーによる症状の説明に基づいて診断できます。しかし、診断できないときは通常、筋電図検査を含む睡眠ポリグラフ検査が行われます。脳の変性を引き起こす病気がないかを調べるため、医師は神経学的診察を行い、精神状態や脳と神経の機能を評価します。異常が見つかったら、CTまたはMRI検査を行う場合もあります。

レム睡眠行動障害に対する根治的な治療法はありません。しかし大多数の人は、ベンゾジアゼピン系薬剤(鎮静薬の一種)の1つであるクロナゼパムで症状が軽減します。低用量で効果があり、通常は無期限に服用を続けます。ベッドパートナーは、危害を被る可能性があることを知っておくべきで、薬剤の効果が出始めるまで別のベッドで寝た方がよいこともあります。レム睡眠行動障害がある人は、とがった物や家具をベッドから遠ざけておくべきです。

睡眠に関連する脚の筋肉のけいれん

健康な中高年の人で、睡眠中にふくらはぎや足の筋肉がけいれんすることがあります( 筋肉のけいれん)。

医師は通常、他の身体疾患や身体障害の可能性を否定した後、症状に基づいてこの診断を下します。さらなる検査は不要です。

このけいれんを予防するためには、ベッドに入る前に数分間、患部の筋肉をストレッチするとよいでしょう。通常、けいれんが起こると同時にストレッチを行えば、症状は速やかに消失するため、薬物療法より好まれます。カフェインなどの刺激物を避けることも役立つ可能性があります。

多くの薬剤(キニーネ、カルシウムとマグネシウムのサプリメント、ジフェンヒドラミン、ベンゾジアゼピン系、メキシレチンなど)が試されていますが、いずれも効果はないようです。また、厄介な副作用が生じることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP