Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

神経叢疾患

執筆者:

Michael Rubin

, MDCM, Weill Cornell Medical College

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

様々な脊髄神経の神経線維が網目状に入り組んだ部分を神経叢と呼びますが、それが外傷、腫瘍、血腫(血液がたまった状態)、自己免疫反応などによって損傷を受けることがあります。

  • 痛み、筋力低下、感覚の消失が、腕または脚の全体または一部に起こります。

  • 筋電図検査と神経伝導検査は、損傷のある箇所を見つけるのに役立ち、MRI検査とCT検査は損傷の原因を特定するのに役立ちます。

  • 症状を引き起こしている病気を治療すると、神経の機能が改善されることがあります。

神経叢は、家庭の各部屋に配線を送り出している配電盤に似ています。神経叢では、様々な脊髄神経(脊髄と体の各部をつなぐ神経)の神経線維が集まり、そこで並び替えられ、体の特定の部位に伸びるすべての神経線維が1本の神経になるようにまとめられます。主要な神経叢が損傷を受けると、そこから伸びる神経に支配されている腕や脚に症状が現れます。

主な神経叢には以下のものがあります。

  • 腕神経叢:首と肩に位置し、腕全体につながる神経が集まっています。

  • 腰仙骨神経叢:腰にある腰神経叢と骨盤内にある仙骨神経叢から構成され、骨盤と脚につながる神経が集まっています。

神経叢:神経の配電盤

神経叢は家庭の配電盤に似ています。神経叢には様々な脊髄神経からの神経線維が集まっていて、それらの神経線維は並び替えられ、体の同じ部位に伸びる多くの神経線維が1本の神経にまとめられます。

体幹(胴体)には以下の4つの神経叢があります。

  • 頸神経叢には、頭部、首、肩につながる神経が集まっています。

  • 腕神経叢には、胸部、肩、上腕、前腕、手につながる神経が集まっています。

  • 腰神経叢には、背中、腹部、鼠径部、太もも、膝、ふくらはぎにつながる神経が集まっています。

  • 仙骨神経叢には、骨盤、殿部、性器、太もも、ふくらはぎ、足につながる神経が集まっています。

腰神経叢と仙骨神経叢は相互に連結しているため、併せて腰仙骨神経叢と呼ばれることもあります。

胸部の脊髄神経は神経叢に加わらない神経で、肋骨の間を走っています(肋間神経)。

神経叢:神経の配電盤

原因

神経叢の損傷の最も一般的な原因は以下のものです。

  • 物理的損傷

  • がん

事故で腕が引っぱられたり、肩の位置で腕が強く曲げられたりすると、肩の近くにある腕神経叢が損傷します。新生児では、分娩中に吸引などの手技が必要になった場合に、腕神経叢が損傷を受ける可能性があります。転倒すると、股関節の近くにある腰仙骨神経叢が損傷を受けることがあります。

胸または肺上部に増殖するがんは腕神経叢に浸潤してこれを破壊することがあります。腸、膀胱、または前立腺のがんは、腰仙骨神経叢に浸潤することがあります。良性腫瘍、膿瘍、血液の貯留(血腫)などのかたまりが神経叢を圧迫して神経叢疾患を引き起こすこともあります。

糖尿病または乳がんに対する放射線療法は、全身の神経を損傷する可能性があり、神経叢の神経も損傷を受けることがあります。

急性腕神経叢炎(パーソネージ-ターナー症候群、または神経痛性筋萎縮症)は、腕神経叢の突然の機能不全のうち、けがやがんによるものではなく炎症によるものをいいます。原因は、おそらく自己免疫反応(体が自分の組織を攻撃する抗体を作ること)またはウイルスであると考えられます。この病気は主に男性にみられ、若い成人での発生が典型的ですが、どの年齢層にも起こりえます。

症状

腕神経叢の機能不全では、片腕に、痛み、筋力低下、感覚の消失が起こります。症状は腕の全体に現れることもあれば、一部(前腕や二頭筋など)限られることもあります。けがが原因の場合は、数カ月かかってゆっくり回復する傾向がありますが、重度のけがでは筋力低下が生涯残ることもあります。

急性腕神経叢炎では、上腕と肩に強い痛みが生じます。通常は、痛みがなくなるに従って、腕の筋力が低下し、反射の異常が現れます。親指と人差し指でOの字を作れなくなることがあります。筋力低下は3~10日以内に生じ、回復には通常2~3カ月ほどかかります。

腰仙骨神経叢の機能不全では、腰と脚に痛みが生じ、脚の全体または一部(足やふくらはぎなど)に筋力低下と感覚の消失が起こります。回復の速さは原因によって異なります。

診断

  • 筋電図検査と神経伝導検査

  • MRIまたはCT検査

特定の神経叢が支配している部位に症状がみられる場合、神経叢疾患が疑われます。どの神経叢が障害されているかは、症状のある部位から判断できます。

筋電図検査と神経伝導検査も損傷部位の特定に役立ちます。

MRIまたはCT検査は、神経叢疾患の原因ががんやその他の腫瘤によるものか、外傷によるものかを判断する上で役立ちます。

治療

  • 原因の治療

  • がんまたはけがが原因である場合、ときに手術

神経叢疾患の治療法は原因によって異なります。神経叢の近くにできたがんに対しては、放射線療法、化学療法、またはその両方が行われます。神経叢に損傷を与えるがんなどのかたまりは、場合に応じて手術で切除しなければなりません。

糖尿病が原因である場合は、血糖値のコントロールが役立ちます。

急性腕神経叢炎など、自己免疫反応によると考えられる神経叢疾患には、コルチコステロイドが処方されることがありますが、これらの薬剤の有益性は証明されていません。

けがによる神経叢障害の場合は、自然治癒を待つだけでよいこともありますが、手術が必要なこともあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP