Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

顎骨壊死

(ONJ)

執筆者:

Marvin E. Steinberg

, MD, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

顎骨壊死(がっこつえし)は口腔の病気で、あごの骨が露出することもあります。

  • 顎骨壊死は、抜歯、けが、放射線療法の後に起こることもあれば、はっきりした理由が分からない場合もあります。

  • 顎骨壊死は、高用量のビスホスホネート系薬剤を静脈内投与されている患者の一部で起こっており、特にがんがあるか、口腔外科手術を受けた場合に発生しています。

  • 顎骨壊死を防ぐ一助とするため、口腔外科手術が必要なときは、可能な限りビスホスホネート系薬剤を投与する前に行うべきです。

  • 治療は経験豊富な口腔外科医が行うのが最善です。

顎骨壊死は、自然に起こることもあれば、抜歯や外傷の後や、頭頸部に放射線療法を受けた後(この場合、放射線性骨壊死と呼ばれる)に起こることもあります。顎骨壊死は、骨壊死ではなく実際には骨の感染症(骨髄炎)であることもあります。

最近、顎骨壊死は、高用量のビスホスホネート系薬剤を静脈内投与されている患者で確認されており、特にがんがあるか、これらの薬剤を投与されているときに口腔外科手術を受けた場合によくみられます。骨粗しょう症の治療のために一般的に行われるビスホスホネート系薬剤の服用と顎骨壊死は関連していません。したがって、ビスホスホネート系薬剤の経口薬は処方されている通りに継続して服用するべきです。しかし、可能であれば、口腔外科手術が必要なときは、ビスホスホネート系薬剤の使用を開始する前に行うべきです。また、ビスホスホネート系薬剤を服用している際は、口の中を清潔に保ち続ける必要があります。

症状

通常は痛みがあり、口や顎の部位から膿が排出されることがあります。ただし、症状がまったく出ない人もいます。

診断

  • 歯科医、口腔外科医、または医師による評価

顎骨壊死は、患者の評価を歯科医、口腔外科医、またはときに医師が行う際に診断されます。

治療

  • 壊死した骨の除去

  • 抗菌薬とうがい薬の使用

顎骨壊死は治療が難しいため、顎骨壊死の治療経験が豊富な口腔外科医に相談すべきです。顎骨壊死の一般的な治療法は、損傷した骨の一部を削り取ることや、抗菌薬の経口投与、洗口液の使用などです。

すべての患部を手術で取り除くと、状態がさらに悪化することがあり、そのような手術は最初に選択すべき治療ではありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP