Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

転移性骨腫瘍

執筆者:

Michael J. Joyce

, MD, Cleveland Clinic Lerner School of Medicine at Case Western Reserve University;


Hakan Ilaslan

, MD, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine at Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
  • がんは骨に転移することがあり、特に乳房、肺、前立腺、腎臓、甲状腺、大腸からの転移がよくみられます。

  • 主な症状は骨痛です。

  • X線検査やMRI検査、CT検査などの画像検査で骨の異常がみつかることもあれば、組織のサンプルを採取して検査(生検)する必要がある場合もあります。

  • 転移したがんの種類に応じて、放射線療法、化学療法、または手術が行われます。

(「骨の腫瘍の概要」と「がんの概要」も参照のこと。)

転移性骨腫瘍は、体の別の(原発)部位に生じたがんが骨に転移したものです(がんはどのように発生し広がるかを参照)。

骨に最も転移しやすいがんとしては、以下の領域から発生したがんがあります。

乳がんが最も骨に転移することが多いがんです。しかし、どのがんも、最終的には骨に転移する可能性があります。どの骨にも転移する可能性はありますが、普通は、前腕の中央やふくらはぎの中央より末端側の骨に転移することはありません。

症状

転移性骨腫瘍は痛みを引き起こしますが、しばらく何の症状も出ないこともあります。ひどい痛みになることもあります。痛みは、安静時や夜間に生じることがあり、徐々に悪化する傾向があります。

悪性腫瘍は徐々に骨を弱くしていきます。骨が弱くなることによって、日常的な動きをしている際に骨が折れる(骨折)ことが非常に起こりやすくなります(病的骨折と呼ばれます)。

診断

  • X線検査

  • 骨シンチグラフィー

  • 他の画像検査

  • ときに生検

現在がんがある、あるいは過去にがんを患った人に骨の痛みや腫れが発生した場合、医師は転移性骨腫瘍がないか評価します。

ときとして、まず単純X線検査を行います。ただし、放射性トレーサーを用いた骨シンチグラフィーは、骨格全体を一度に評価することができ、単純X線検査では認められなかった腫瘍の発見に役立ちます。

骨の一部分を評価するために、MRI(磁気共鳴画像)検査CT(コンピュータ断層撮影)検査PET(陽電子放出断層撮影)検査(PET)など他の画像検査が行われます。

転移性骨腫瘍は、ときに、原発がんが見つかる前に症状を引き起こすことがあります。症状としては、腫瘍によって脆くなった部位の骨痛(特に複数の腫瘍を原因とする複数の部位に生じる痛み)や骨折(病的骨折)が発生することがあります。がん組織の種類は顕微鏡で確認できることが多いため、このような状況では、生検が行われ、通常は原発がんの位置の手がかりが得られます。この情報によって、原発がんが発生した部位が分かります(例えば、肺、乳房、前立腺、腎臓、甲状腺、結腸)。

転移性骨腫瘍の診断が下されると、医師は原発がんが発生した部位を判定するために他の検査を行います。例えば、肺の腫瘍を探すために胸部X線検査や胸部CT検査を行うことや、乳房の腫瘍を探すためにマンモグラフィーを行うことがあります。

治療

  • 放射線療法

  • 骨を固定する手術

  • 手術による腫瘍の切除

  • 骨の喪失を軽減するための対策

転移性骨腫瘍の治療は、骨に転移したがんの種類によって異なります。がんの種類によって、化学療法に反応するもの、放射線療法に反応するもの、両方に反応するもの、どちらにも反応しないものがあります。通常は、放射線療法が最も効果的です。

骨を固定する手術は、骨折の治療のためにしばしば行われ、骨折の予防のためにも行われることがあります。病的骨折に対する手術では、骨の中に棒を入れたり、プレートやネジを用いて骨を固定したり、患部の骨を取り除いて腕や脚や関節を再建したりすることがあります。

原発がんが切除されて骨の中に腫瘍が1つしか残っていない場合(特にその腫瘍が原発腫瘍から何年も後に発生した場合)、その1つだけの腫瘍を手術で切除し骨を再建します。この切除と再建は、放射線療法や化学療法またはその両方を併用して行われることもあります。この治療の組合せによってがんが治癒することはまれですが、患者の生活の質だけでなく腕や脚の機能や見た目も大きく改善する可能性があります。

治療の目標の1つは、骨組織の喪失を最小限にし、痛みを緩和することです。

骨組織が喪失すると痛みの原因となり、骨折しやすい傾向があるため、手術が必要な場合があります。骨の喪失が広範囲に拡大し痛みが生じる前に、放射線療法や薬物療法(ビスホスホネート系薬剤やデノスマブなど)により、骨の喪失を最小限に抑えることができます。

脊椎の痛みを緩和するために、バルーン椎体形成術や椎体形成術が行われることがあります。どちらの手術も、腫瘍によって背骨はつぶれているものの脊髄には圧力が加わっていない場合に行うことができます。バルーン椎体形成術では、背骨の中にバルーンを挿入して膨らませ、骨を正常な形に戻し、骨がそれ以上つぶれないように予防します。その後、骨セメント(メチルメタクリレート)を注入します。椎体形成術はバルーン椎体形成術と似ていますが、バルーンを挿入しない点が異なります。腫瘍によって骨がつぶれるリスクがあり、それによって脊髄に圧力がかかり脊髄の損傷(脚の筋力低下や麻痺など)が生じる可能性がある場合、圧力を軽減して脊椎を固定する治療が推奨されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP