Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

変形性関節症

(骨関節症)

執筆者:

Apostolos Kontzias

, MD, Stony Brook University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

変形性関節症は軟骨と周囲の組織の損傷を伴う慢性疾患で、痛み、関節のこわばり、機能障害を特徴とします。

  • 関節の軟骨と周囲の組織の損傷による関節炎は、加齢に伴い、非常によくみられるようになります。

  • 痛みや腫れ、骨の過剰な増殖がよくみられ、起床時や動かずにいた後に生じて30分以内に治まるこわばり(特に関節を動かしていると治まりやすい)も一般的です。

  • 診断は症状とX線所見に基づいて下されます。

  • 治療には、運動やその他の理学療法、痛みを軽減し機能を改善する薬の投与などがあり、非常に大きな変化に対しては、人工関節置換術やその他の手術も行います。

変形性関節症は、関節疾患の中で最も多くみられ、しばしば40~50代に発症し、80歳までにほぼすべての人にある程度生じます。40歳未満では、女性よりも男性に多く、しばしばけがが原因で発症します。多くの人に(多くは40歳までに)、X線検査で変形性関節症の何らかの証拠がみられますが、そのうち症状がある人は半数に過ぎません。40~70歳では男性よりも女性に多く発症します。70歳以降では発症に男女差はなくなります。

変形性関節症は以下のように分類されます。

  • 一次性

  • 二次性

一次性(または特発性)変形性関節症では、原因は不明です(患者の大多数がこれに当てはまります)。一次性変形性関節症は膝などの一部の関節だけを侵すこともあれば、多くの関節を侵すこともあります。

二次性変形性関節症では、原因は他の病気や病態で、例としては以下のものが挙げられます。

鋳物工場の労働者、農業従事者、炭鉱労働者、バスの運転手のように、1つまたは一群の関節に繰り返し負荷がかかる場合に特にリスクが高くなります。変形性膝関節症の主な危険因子は、膝を曲げる職業についていることに由来します。興味深いことに、長距離走をしてもこの病気を発症するリスクは増えませんが、いったん発症すると、多くの場合、この種の運動で変形性関節症が悪化します。肥満が変形性関節症を引き起こす主な要因となることがあり、特に変形性膝関節症の場合と女性の場合にその可能性があります。

加齢に関連する注意点:変形性関節症

変形性関節症に関しては、多くの俗説が根強く存在します。例えば、白髪や皮膚の変化と同じように老化の一部で避けられない、身体障害になることはほとんどない、治療は効果がないなどと思われています。

確かに、変形性関節症は高齢になるにつれて多くみられるようになります。例えば、加齢とともに、以下の変化が起こります。

  • 関節の内側を覆う軟骨が薄くなる傾向があります。

  • 若い頃に比べて関節の表面の滑りが悪くなることがあります。

  • 関節が損傷を受ける可能性がわずかに高まります。

しかし、変形性関節症は避けられない老化の一部ではありません。関節を長年使用したことで生じる摩耗だけでは変形性関節症は起こりません。その他の要因には、一度または繰り返し起こったけが、異常な動き、代謝性疾患、関節の感染症、関節の別の病気などがあります。

また、多くの場合、変形性関節症はその後の人生において障害をきたします。

効果的な治療法には、例えば、痛み止め(痛薬)、運動や理学療法、また場合によっては手術などがあります。

加齢に伴って、靱帯の損傷もよくみられます。関節をつなぐ靱帯は、加齢につれて弾性が低下していく傾向があり、関節に硬さやこわばりを感じるようになります。この変化は、靱帯を構成するタンパクの化学的変化から生じます。したがって、ほとんどの人は加齢につれて柔軟性を失っていきます。靱帯が断裂しやすくなる傾向があり、断裂した場合、治りが遅くなります。高齢者は、靱帯を断裂しそうな運動を避けられるように、トレーナーや医師に運動療法のプログラムを詳しくみてもらうべきです。

ときに、変形性関節症による痛みは、アセトアミノフェンなどの使いやすい鎮痛薬では緩和できないことがあります。例えば、トラマドールやまれにオピオイドなど、より強い鎮痛薬が必要な場合があります。しかし、そうした薬は、高齢者が用いると錯乱が起きる可能性もあります。患部の関節の皮膚に塗り込む非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)が、高齢者ではより良い選択肢になる場合があります。NSAIDの吸収量は少なく、それにより副作用のリスクが最小限になります。

変形性関節症の原因

正常な関節は、たとえ普通の使い方であっても、長年使ったり、使いすぎたり、けががあったとしても、摩擦が低く保たれ、骨がすり減らないような仕組みになっています。多くの場合、変形性関節症の原因は組織の損傷です。化学物質が、損傷した関節を修復しようとして関節内に蓄積し、コラーゲン(結合組織にある丈夫な線維性のタンパク)やプロテオグリカン(弾性を与える物質)のような、軟骨の成分の合成を増加させます。次に、水分が貯留することで軟骨が腫れ、軟らかくなり、表面に裂け目ができます。軟骨の下にある骨には微小な空洞ができ、骨がもろくなります。

組織が損傷を修復しようとして、軟骨、骨、その他の組織が新しく増殖することがあります。骨が関節の縁で過剰に増殖することがあり、目に見えて触れることもできる骨棘(こつきょく)という隆起ができます。最終的に、軟骨の滑らかで滑りやすい表面がザラザラになり、くぼみができて、関節が滑らかに動かせなくなり、衝撃を吸収できなくなります。関節の構成要素のすべて、すなわち骨、関節包(関節の大部分を包んでいる組織)、滑膜組織(関節腔の内側を覆う組織)、腱、靱帯、軟骨が、様々に障害を起こし、関節の機能に変化が生じます。

変形性関節症の症状

通常、変形性関節症の症状は徐々に出現し、初めは1カ所または数カ所の関節に起こります。手の指の関節、手の親指の付け根、頸部、腰、足の親指、股関節、膝関節が起こりやすい部位です。

痛みが最初の症状で、「深い痛み」と表現されることが多く、体重のかかる関節では通常、立つなどの体重の負荷がかかる活動で痛みが悪化します。起床時や動かずにいた後に関節がこわばる人もいますが、通常は30分以内に、特にその関節を動かすようにすると治まります。

症状が増えるにつれて、関節が動かしにくくなっていき、ついには完全な曲げ伸ばしができなくなることもあります。軟骨、骨、その他の組織が新しく増殖し、関節が大きくなることがあります。軟骨の表面に凹凸ができると、関節を動かした際にギシギシ、キーキー、パキパキといった音がするようになり、圧痛が生じます。

骨の増殖は、指先に最も近い関節(ヘバーデン結節と呼ばれる)や指の真ん中の関節(ブシャール結節と呼ばれる)に多くみられます。

膝関節など一部の関節では、関節を取り囲んでそれを支えている靱帯が伸びるために、関節が不安定になります。あるいは、股関節や膝関節が硬くなり、その可動域が損なわれることもあります。関節を触ったり動かしたりすると(特に立ち上がったり、階段を昇ったり、歩いたりした場合)、非常に強く痛むことがあります。

変形性関節症はしばしば脊椎に起こります。症状としては背部痛が最も多くみられます。通常は、椎間板や脊椎の関節が損傷しても、軽い痛みやこわばりを生じるに過ぎません。しかし、頸椎や腰椎の変形性関節症では、骨が過度に増殖し神経を圧迫した場合に、腕や脚のしびれ、痛み、筋力低下が起こることがあります。腰部の脊柱管の内部で骨が過剰に増殖し(腰部脊柱管狭窄症)、それによって脚に向かう神経が脊柱管の内部で圧迫されることがあります。この神経の圧迫により歩行後に脚が痛むことがあり、それにより脚への血液供給が減少しているという誤った解釈をされることがあります(間欠性跛行)。まれに、骨の増殖が食道を圧迫して嚥下困難を起こします。

変形性関節症は、何年も安定していることも急速に進行することもありますが、ほとんどは発症後ゆっくりと進行します。多くの人で、ある程度の機能障害が生じます。

関節の発赤、熱感、腫れが何度も起きる人は、その原因が通常は変形性関節症ではなく感染症や痛風である可能性があるため、医師の診察を受ける必要があります。

変形性関節症の診断

  • 医師による評価

  • X線検査

変形性関節症は、その特徴的な症状のほか、身体診察、特定の血液検査、X線検査での関節所見(骨の腫大、関節の隙間が狭くなっているなど)に基づき診断されます。ただし、X線検査は、異常が最初に起こる場所である軟骨の変化が示されないため、変形性関節症の早期発見にはあまり有用ではありません。さらに、X線検査でみられる変化は症状とあまり密接に対応しないことがよくあります。例えば、症状が重くてもX線検査ではわずかな変化しかみられない人もいれば、症状がほとんどないのにX線検査で多くの変化がみられる人もいます。

MRI(磁気共鳴画像)検査を行えば、軟骨の早期の変化を発見することができますが、診断に必要とされることはまれです。

血液検査には変形性関節症を診断できるものはありませんが、特定の検査が他の病気(関節リウマチなど)を否定するために役立つことがあります。

関節が腫れている場合は、医師が麻酔薬を注射してその部位の感覚をなくしてから、関節に針を刺して関節液のサンプルを採取することがあります。この関節液を検査することで、変形性関節症と、感染症や痛風など他の関節疾患との区別を行います。

変形性関節症の治療

  • 物理的な方法、理学療法や作業療法など

  • 手術

変形性関節症の治療の主な目標は以下のものです。

  • 痛みの緩和

  • 関節の柔軟性の維持

  • 関節の機能と全般的な機能を最善の状態にすること

これらの目標は主に理学療法によって達成され、筋力、柔軟性、持久力を増すための運動とリハビリテーションが行われます(理学療法と作業療法)。患者には、日常の活動を変えることが変形性関節症とともに生きていく上でどれほど役立つかを教えます。追加の治療として、薬物療法、手術(一部の患者)のほか、より新しい治療法もあります。

理学療法

適切な運動(ストレッチ運動、筋力強化、姿勢訓練など)によって、軟骨を健康な状態に維持し、関節の可動域を広げ、負荷をより吸収できるように関節周囲の筋肉を鍛えることができます。運動すると、股関節や膝関節の変形性関節症の進行が止まったり、回復することもあります。水によって関節への負荷が軽くなるため、水中(プールなど)での運動が医師により推奨されています。

ストレッチ運動を毎日行うべきです。

運動は、痛む関節を数分間休める(日中の4~6時間毎)こととバランスを取る必要がありますが、関節を動かさないでいると、痛みが軽減するよりもむしろ悪化する可能性が高くなります。

使用している椅子、リクライニングチェア、マットレス、車のシートが柔らかすぎると症状が悪化することがあります。

横になるときに膝の下にクッションを置くのは、股関節や膝関節の筋肉が硬くなることがあるため、やめておくべきです。(この推奨は、腰痛や坐骨神経痛の患者で膝の間に枕をはさむという推奨とは対照的です。そうした患者では、枕を用いることで腰と股関節への負荷が軽くなります[ 坐骨神経痛とは]。)

車のシートを前に動かしたり、背もたれが垂直で座面が高めの椅子(例えば、食卓用の椅子)や、硬めのマットレス、ベッドボード(多くの木材販売店で入手できる)を使用する、サポートのしっかりした靴や運動靴を履くといったことが、しばしば勧められます。

トイレでは、補高便座を使うと、痛みのある膝関節や股関節の変形性関節症の患者が立ち上がるのが、より簡単になって不快感も減り、特に筋力が低下している場合に効果的です。

知っていますか?

  • 背中の変形性関節症の患者では、横になるときに膝の下に枕を置くのは、股関節や膝関節の筋肉が硬くなることがあるため、やめておくべきです。

脊椎の変形性関節症では、特別な運動が役に立つことがあり、痛みがひどければコルセットを着用する必要があります。運動は、筋力の強化運動ばかりではなく、衝撃の少ない有酸素運動(ウォーキング、水泳、自転車に乗るなど)も行うべきです。できれば、普通の日常生活を維持して、普段の活動(趣味や仕事)を続けるようにします。ただし、身体的な活動は、変形性関節症の痛みを悪化させるような曲げ方を避けるように、調節しなければならないことがあります。

他の方法を追加的に行うことで、痛みの緩和に役立ちます。具体的には、以下のものがあります。

  • 理学療法(温熱パッドなどの温熱療法が多い)と作業療法が役に立つことがあります。

  • 関節可動域訓練を温水中で行うと、熱によってこわばりと筋肉のけいれんが軽減することで、筋肉の機能が改善されるため、役に立ちます。

  • 冷却を、1つの関節での一時的な悪化による痛みも緩和するために行うこともあります。

  • 足底板(装具)を入れると、歩くことで起こる痛みの軽減に役立つことがあります。

  • マッサージの訓練を受けた療法士が行ったり、ジアテルミー(透熱療法)や超音波による深部温熱療法を行うことが有用なこともあります。

  • 体重の減量によって、関節にかかる圧力がある程度和らぐ可能性があります。

  • 経皮的電気神経刺激法(TENS)などの電気刺激が痛みの軽減に役立つことがあります。

  • 鍼治療を行うと、天然の痛み止めとして作用する様々な化学伝達物質(神経伝達物質)が脳内に放出され、役に立つことがあります。

変形性関節症とのつきあい方

  • 患部の関節は、やさしく動かして運動します(できればプールの中での運動、自転車エルゴメーターの使用、またはウォーキング)。

  • 温熱パッドや温かい濡れタオルを患部の関節にあてます。(熱傷を避けるために、温熱パッドを高温に設定したり長時間あてたままにしないように気をつけるべきです。)

  • 体重が増えすぎないようにする(関節に過剰な負荷をかけないようにするため)か、または太りすぎの場合は減量します。

  • 必要に応じて、特別な器具を使用します(例えば、関節の使いすぎを防ぐための一本杖、松葉杖、歩行器、頸椎カラー(コルセット)、伸縮性の膝サポーター、または体を洗う際に、関節が伸びすぎるのを防ぐための浴槽内に固定された補助椅子など)。

  • サポートのしっかりした靴や運動靴を履きます。

  • 痛みを緩和するため、患部の関節やその周囲に鍼治療マッサージをしてもらうことを検討してください(訓練を受けた療法士が行うべきです)。

薬は、運動療法と理学療法を補うために使用されます。薬は、単独でも併用でも使用されることがありますが、変形性関節症の経過を直接変えるわけではありません。薬は症状を抑えるためのものであり、そうすることで、普通の日常生活を送りやすくします。

アセトアミノフェンなどの使いやすい痛み止め(鎮痛薬)は、不快感が生じる活動の前に使ったり、より持続的な関節の不快感を軽減するために定期的に使ったりし、軽度から中等度の痛みに対してはそれだけで十分なことがあります。副作用はあまりみられませんが、アセトアミノフェンは推奨される用量よりも多く服用しないようにすべきです(特に肝疾患がある場合)。また、服用時には、アセトアミノフェンを含有する市販薬(数多く存在する)を決して同時に服用しないようにすべきです。

ときとして、より強い鎮痛薬(トラマドールやまれにオピオイドなど)が必要になることがあります。

あるいは、痛みと腫れを抑えるために、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を使用する場合もあります。NSAIDは、関節の痛みと炎症を軽減し、他の鎮痛薬との併用が可能です。NSAIDにはゲル剤やクリームもあり(ジクロフェナクゲル1%など)、これらは手や膝の関節の皮膚に塗り込むことができ、症状の緩和に役立つことがあります。ただし、NSAIDは、長期間使用した場合に、アセトアミノフェンよりも重篤な副作用を生じるリスクが高い薬です。

ときには、その他のタイプの鎮痛薬が必要なこともあります。例えば、赤トウガラシ由来のクリーム(有効成分はカプサイシン)を、関節の上の皮膚に直接塗ることもあります。医師が痛みの緩和のためにリドカインパッチを推奨することもありますが、そうしたパッチが効果的であることを示す科学的根拠はありません。経口投与する抗うつ薬の1つであるデュロキセチンは、変形性関節症による痛みを軽減します。

筋弛緩薬(通常は低用量)によって、変形性関節症に侵された関節を支える筋肉の緊張による痛みが、ときに軽減されます。ただし、高齢者では痛みの軽減よりも副作用をもたらす傾向があります。

関節に炎症、腫れ、痛みが突然生じた場合、関節液のほとんどを除去し、特別なコルチゾンを直接関節内に注射することが必要な場合があります。この治療法を行えば、一部の患者で一時的に痛みが緩和し関節の柔軟性が増します。

1~5週間にわたって毎週ヒアルロン酸(正常な関節液に類似した物質)を膝関節に注射すると、一部の患者では長期にわたり痛みがある程度和らぐことがあります。この一連の注射は、6カ月よりも短い間隔で行うべきではありません。ヒアルロン酸の注射は、重い変形性関節症の患者では効果が小さくなります。

いくつかのサプリメント(硫酸グルコサミンやコンドロイチン硫酸など)が、変形性関節症の治療に有益かどうかについて、試験が行われています。これまでのところ、結果は様々で、痛みの治療において硫酸グルコサミンやコンドロイチン硫酸の有益性ははっきりしておらず、関節の損傷の進行を変えることはないようです。他のどのサプリメントについても、効くという優れた証拠はありません。

手術

手術による治療は、他のすべての治療法で痛みの軽減や機能の改善ができなかった場合に役立つことがあります。一部の関節は人工関節で置き換えることが可能で、これはほとんどの場合は股関節と膝関節で行われます。通常、置換手術(特に股関節)は成功率が非常に高く、ほぼ必ず動作と機能が改善し、痛みも劇的に軽くなります。したがって、痛みを抑えることができず、機能にも制限が生じてきた場合は、人工関節置換術を考慮すべきです。人工関節は永久に使えるものではないため、置換を繰り返す必要性を最小限にできるように、非常に若い患者の場合には、手術を行う時期を遅くすることがよくあります。他のすべての治療で効果がなかった場合、背骨または頸部の変形性関節症の症状(特に神経圧迫)があれば、それを緩和するために手術を行うことがあります。変形性膝関節症に対する限定的な関節鏡手術(半月板の修復や膝の靱帯の再建など)の有益性ははっきりしていません。

比較的若年の変形性関節症の患者(けがが原因の場合が多い)に対して、軟骨の小さな欠損の治癒を促すために軟骨内の細胞を回復させる様々な方法が用いられています。しかし、そうした方法は、高齢者によくみられるように軟骨の欠損が広範囲に及ぶ場合には、その価値がまだ証明されていません。

股関節全体の置換手術(人工股関節全置換術)

ときとして、股関節全体を置換しなければならないことがあります。股関節全体とは、太ももの骨(大腿骨)の一番上(骨頭)と、それがはまるソケットの表面のことを指します。この手術は人工股関節全置換術と呼ばれます。太ももの骨の骨頭を金属でできた球状の部品(人工関節)に置き換えます。この人工関節には頑丈なステムがあり、それが太ももの骨の中心にはまります。ソケットの部分は、耐久性の高い合成樹脂で覆われた金属のシェルに置き換えます。

股関節全体の置換手術(人工股関節全置換術)

膝関節の置換手術

変形性関節症によって損傷した膝関節を、人工関節で置き換えることがあります。全身麻酔をかけた上で、外科医が損傷した膝の上を切開します。膝蓋骨(膝の皿)を取り除き、太ももの骨(大腿骨)の下端とすねの骨(脛骨)の上端を滑らかにして、人工関節の部品を取り付けやすくします。人工関節の片方を大腿骨に、もう一方を脛骨に挿入して、医療用のセメントでそれぞれ固定します。

膝関節の置換手術

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP