Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

乾癬性関節炎

執筆者:

Apostolos Kontzias

, MD, Stony Brook University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要
本ページのリソース
  • 関節の炎症が、乾癬のある人に発生することがあります。

  • 炎症がよくみられる関節は、股関節、膝関節、手足の指の先端に最も近い関節などです。

  • 診断は症状に基づいて下されます。

  • 非ステロイド系抗炎症薬、疾患修飾性抗リウマチ薬(メトトレキサートなど)、シクロスポリン、腫瘍壊死因子阻害薬が役立ちます。

乾癬性関節炎は、脊椎関節炎の一種です。

乾癬性関節炎は、関節リウマチ 関節リウマチ(RA) 関節リウマチは炎症性関節炎の1つで、関節(普通は手足の関節を含む)が炎症を起こし、その結果、関節に腫れと痛みが生じ、しばしば関節が破壊されます。 免疫の働きによって、関節と結合組織に損傷が生じます。 関節(典型的には腕や脚の小さな関節)が痛くなり、起床時やしばらく動かずにいた後に、60分以上持続するこわばりがみられます。 発熱、筋力低下、他の臓器の損傷が起こることもあります。... さらに読む 関節リウマチ(RA) と似ていますが、関節リウマチに特徴的な抗体は産生されません。乾癬性関節炎は、乾癬 乾癬 乾癬(かんせん)は、1つまたは複数の盛り上がった赤い斑が生じる、再発を繰り返す慢性の病気で、それらの斑は銀白色の鱗屑(うろこ状のくず)を伴い、正常な皮膚との境界ははっきりしています。 免疫系の問題が関わっている可能性があり、遺伝的に乾癬を生じやすい人もいます。 特徴的な鱗屑または赤い斑が全身のあらゆる部分に様々な大きさで生じますが、特に肘、膝、頭皮によくみられます。 この病気の治療は、皮膚に塗る薬剤(外用薬)、紫外線照射(光線療法)、内... さらに読む 乾癬 (皮膚の病気で、鱗のような赤い発疹が起こり爪が厚くなって小さなくぼみができ、それが繰り返される)の患者の約30%に発生します。特定の遺伝子(HLA-B27)をもつ人と、この病気にかかった家族がいる人は、脊椎の乾癬性関節炎のリスクが高まります。乾癬性関節炎の原因は不明です。

症状

炎症は、しばしば手足の指の先端に最も近い関節に起こりますが、股関節、膝関節、脊椎などの他の関節にもよく起こります。多くの場合、腕の関節の方がより影響を受けます。背中が痛むことがあります。

炎症が長引くと、関節が腫れて変形することがあります。乾癬性関節炎は、関節リウマチと比べて、関節を非対称性(体の左右の片側が反対側よりも影響が大きい)に侵すことが多く、より少ない関節に生じます。腱や靱帯が関節の周囲で骨に付着している部分で炎症を起こすことがあります(付着部炎と呼ばれます)。一部の乾癬性関節炎患者では線維筋痛症 線維筋痛症 線維筋痛症は、睡眠不足や疲労、意識障害のほか、軟部組織(筋肉、腱、靱帯など)に広がる、うずくような痛みとこわばりを特徴とします。 睡眠不足、ストレス、挫傷、けが、場合によってはある種の性格上の特性によって、線維筋痛症のリスクが高まる可能性があります。 痛みは広範囲にわたり、体の特定の部分を触ると圧痛があります。 線維筋痛症の診断は、確立された基準と広範囲に及ぶ痛みや疲労などの症状に基づいて下されます。... さらに読む もみられることがあり、これは筋肉痛、関節のこわばり、疲労を引き起こします。

乾癬の発疹が現れるのは、関節炎が発生する前の場合も後の場合もあります。ときに発疹は、頭皮やへそ、殿部の後ろと太ももの間などの皮膚の谷間に隠れているため、気づかれないことがあります。皮膚と関節の症状は同時に出たり消えたりすることがありますが、多くの場合、関節の症状より皮膚の症状が重いか、関節の症状の方が重いかのどちらかです。

診断

  • 医師による評価

  • 血液検査

  • X線検査

乾癬性関節炎の診断は、関節炎と乾癬が両方認められる人に、特徴的な関節の炎症が確認されたときに下されます。医師は、家族に乾癬の患者がいるかどうかについても質問します。

予後(経過の見通し)

乾癬性関節炎では、炎症を起こす関節が関節リウマチよりも少ないため、通常、予後は関節リウマチよりも良好です。それでも、関節がひどく損傷する可能性もあります。

治療

  • 疾患修飾性抗リウマチ薬

  • 腫瘍壊死因子阻害薬

  • ウステキヌマブ、セクキヌマブ、アプレミラスト

乾癬性関節炎の治療では、発疹を抑え、関節の炎症を軽減することを目標とします。関節リウマチ( 関節リウマチの薬 関節リウマチの薬 関節リウマチは炎症性関節炎の1つで、関節(普通は手足の関節を含む)が炎症を起こし、その結果、関節に腫れと痛みが生じ、しばしば関節が破壊されます。 免疫の働きによって、関節と結合組織に損傷が生じます。 関節(典型的には腕や脚の小さな関節)が痛くなり、起床時やしばらく動かずにいた後に、60分以上持続するこわばりがみられます。 発熱、筋力低下、他の臓器の損傷が起こることもあります。... さらに読む 関節リウマチの薬 )の治療に効果的ないくつかの薬、特に非ステロイド系抗炎症薬 非ステロイド系抗炎症薬 基礎疾患を治療することで、痛みを解消したり最小限に抑えたりできるケースがあります。例えば、骨折をギプスで固定することや、感染を起こした関節に抗菌薬を投与することは、鎮痛に役立ちます。しかし、痛みの基礎疾患が治療可能な場合でも、痛みに速やかに対処するために痛み止め(鎮痛薬)が必要になる場合もあります。 医師が鎮痛薬を選択する際、痛みのタイプと持続期間、それぞれの鎮痛薬の便益とリスクを考慮します。ほとんどの鎮痛薬は侵害受容性疼痛(通常の組織... さらに読む (NSAID)、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD—特にメトトレキサート)、シクロスポリン、腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬(アダリムマブ、エタネルセプト、インフリキシマブ、セルトリズマブペゴル、ゴリムマブなど)が、乾癬性関節炎の治療にも使用されます。乾癬性関節炎にはTNF阻害薬が特に効果的です。

ウステキヌマブ(注射)とアプレミラスト(服用)は、その他の生物製剤であり、中等度から重度の乾癬性関節炎の治療に用いることができます。

インターロイキン17A受容体拮抗薬のセクキヌマブも、炎症と関節の症状を軽減することができます。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP