Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

踵骨下滑液包炎

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

滑液包炎は、滑液包(液体で満たされた平らな袋で、皮膚、筋肉、腱、靱帯と骨がこすれる部分で衝撃を吸収し摩擦を軽減する)の痛みを伴う炎症です。滑液包炎は、かかと(踵骨)の底部に発生することがあります。

足の問題の概要も参照のこと。)

かかとがズキズキ痛むことがあり(特に靴を脱いでいるとき)、わずかに熱をもち、腫れていることがあります。ランニングやウォーキング中に、かかとが最初に着地するときに痛みが最も強くなります。

踵骨下滑液包炎の診断は、症状と診察所見に基づいて下されます。

治療としては、麻酔薬とコルチコステロイドの混合液を注射し、医師は、底の柔らかい靴にかかとを保護する衝撃吸収パッドを着けて履くように指導します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP