Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

足底線維腫症

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

足底線維腫症は、足底の結合組織(足底腱膜)のがんではない(良性の)腫大です。

足底線維腫症では、足の裏にしこりができ、これは親指を足の甲へと引き足を脚に向かって上に曲げると最も分かりやすくなります。多くの患者は、手のひらにもしこりがあり、通常は薬指の付け根付近にみられます。

足底線維腫症の診断は、足の診察結果に基づいて下されます。

体重を支えるときに、痛みを引き起こすほど、しこりが大きくならないかぎり、通常、足底線維腫症の治療は意味がありません。痛みが出る場合は、装具(靴の中に入れる器具)が、しこりから圧力を分散して取り除くのに役立つことがあります。

足の問題の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP