Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

種子骨炎

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

レビュー/改訂 2021年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

種子骨炎では、中足骨頭が親指につながる部分(第1中足骨頭)の下にある2つの小さな骨(種子骨)の辺りに痛みが生じます。

  • 症状は、特定のタイプの靴を履いて歩くときの痛みなどです。

  • 診断は足の診察結果に基づいて下されます。

  • 装具や新しい靴が、痛みの軽減に役立ちます。

通常、種子骨炎の原因は、繰り返し起こる損傷です。ときに種子骨が骨折(足の骨折が起こる部位 足の骨折が起こる部位 足の骨折が起こる部位 を参照)したり、種子骨や周囲の組織に炎症が起こったりします。足の構造が変化すると、ときに種子骨の位置が動いて(ずれ)、痛みが生じることがあります。

種子骨炎の症状

種子骨炎の痛みは、足の親指の付け根(第1中足趾節関節)の下に感じられます。通常、痛みは、歩くことで悪化し、特に一部の柔らかく底の薄い靴や、かかとの高い靴の着用時に悪化します。患部が熱をもち腫れることがあり、親指が赤くなることがあります。

種子骨炎の診断

  • 医師による足の診察

  • 痛風や感染症のために、関節穿刺

  • 骨折、ずれ、関節炎に対する画像検査

種子骨炎の診断は、足の診察結果に基づいて下されます。

種子骨の関節炎、ずれ、骨折を否定するために X線検査 X線検査 筋骨格系の病気は、病歴と 診察の結果に基づいて診断されることがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、 臨床検査や 画像検査、 その他の診断方法が必要になることがあります。 筋骨格系の病気の診断には、臨床検査がしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液が入った試験管の中で赤血球が底に沈んでいく速さを測定する検査です。炎症が起きていると、通常は赤沈の値が上昇します。しかし、炎症は非常に多くの病態で... さらに読む X線検査 を行い、ときに MRI検査 CT検査とMRI検査 筋骨格系の病気は、病歴と 診察の結果に基づいて診断されることがよくあります。医師が診断を下したり確定したりするのを助けるために、 臨床検査や 画像検査、 その他の診断方法が必要になることがあります。 筋骨格系の病気の診断には、臨床検査がしばしば役立ちます。例えば、赤血球沈降速度(赤沈)は、血液が入った試験管の中で赤血球が底に沈んでいく速さを測定する検査です。炎症が起きていると、通常は赤沈の値が上昇します。しかし、炎症は非常に多くの病態で... さらに読む CT検査とMRI検査 が行われます。

種子骨炎の治療

  • 新しい靴

  • 装具

足の親指の付け根の下に痛みを引き起こす靴を履かないようにすることで、十分な治療になる場合もあります。一方で、種子骨炎の症状が持続する場合は、厚底の靴、かかとの低い靴、装具(靴の中に入れる器具)、またはこれらを組み合わせて使用することで、種子骨にかかる圧力を軽減するのに役立ちます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP