Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

種子骨炎

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

種子骨炎では、中足骨頭が親指につながる部分(第1中足骨頭)の下にある2つの小さな骨(種子骨)の辺りに痛みが生じます。

  • 症状は、特定のタイプの靴を履いて歩くときの痛みなどです。

  • 診断は足の診察結果に基づいて下されます。

  • 装具や新しい靴が、痛みの軽減に役立ちます。

足の問題の概要も参照のこと。)

種子骨炎は、足の指の付け根の痛み(中足骨痛)の一般的な原因です。

通常、種子骨炎の原因は、繰り返し起こる損傷です。ときに種子骨が骨折( 足の骨折が起こる部位を参照)したり、種子骨や周囲の組織に炎症が起こったりします。足の構造が変化すると、ときに種子骨の位置が動いて痛みが生じることがあります。

種子骨炎は、特にダンサー、ジョギング愛好者、足のアーチが高い人、ハイヒールをよく履く人に多くみられます。バニオンのある人の多くで種子骨炎がみられます。

症状

種子骨炎の痛みは、足の親指の付け根(第1中足趾節関節)の下に感じられます。通常、痛みは、歩くことで悪化し、特に一部の柔らかく底の薄い靴や、かかとの高い靴の着用時に悪化します。患部が熱をもち腫れることがあり、親指が赤くなることがあります。

診断

  • 医師による足の診察

  • 痛風や感染症のために、関節穿刺

  • 骨折や関節炎のために、X線検査

種子骨炎の診断は、足の診察結果に基づいて下されます。

痛風または感染性関節炎が疑われる場合は、針で関節液のサンプルを採取します(関節穿刺と呼ばれる)。

種子骨の関節炎や骨折を否定するためにX線検査を行うことで、種子骨炎の診断が確定することがあります。

治療

  • 新しい靴

  • 装具

痛みの生じる靴を履かないだけで十分なこともあります。しかし、症状が持続する場合は、厚底の靴、かかとの低い靴、装具(靴の中に入れる器具)、またはそれらを組み合わせると、種子骨への圧力が軽減され、役に立ちます。

非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の内服と、コルチコステロイドと麻酔薬の混合液の患部への注射が、痛みの軽減に役立ちます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP