Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

後脛骨筋腱炎と後脛骨筋腱腱鞘炎

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

後脛骨筋腱炎は、足首内側の後方と周囲を通る腱(後脛骨筋腱)が摩耗した状態です。後脛骨筋腱腱鞘炎(後脛骨筋腱腱鞘滑膜炎)は、後脛骨筋腱の周りを保護している被膜(腱鞘)の炎症です。

  • 後脛骨筋腱が損傷したり炎症を起こしたりすることがあります。

  • 様々な程度の痛みを足首の周囲に感じます。

  • 診断は通常、症状、診察結果、ときに画像検査の結果に基づいて下されます。

  • 病気に応じて、装具や手術または炎症を緩和する治療法が役に立ちます。

足の問題の概要も参照のこと。)

後脛骨筋腱は、正常な足のアーチの維持を助けています。

後脛骨筋腱炎は、通常、足首の関節の動き方に問題があるために、過度の緊張が継続することによって起こります。ほとんどの場合、患者の足のアーチは低く、(しばしば太りすぎのために)歩くときに足が外側を向く傾向があります。腱の機能障害が、足のアーチをさらに平らにする一因になっていることがあります。後脛骨筋腱が、完全に断裂することもあり、若い人では、ときに突然断裂します。

後脛骨筋腱腱鞘炎は、腱鞘が突然炎症を起こして発症します。後脛骨筋腱は、関節リウマチ痛風などの炎症性疾患に侵されることもあります。

症状

後脛骨筋腱炎では、初期に、足首内側の後方に、ときおり痛みがあります。やがて、痛みが激しくなり、腫れが生じます。正常に立ったり、歩いたりすることが困難になります。通常、つま先立ちをすると痛みがあり、後脛骨筋腱が完全に断裂していれば、つま先立ちができません。後脛骨筋腱が完全に断裂している場合は、足が突然平たくなって(アーチ崩壊)足の裏が痛むことがあります。

後脛骨筋腱腱鞘炎では、一般的には痛みが突然発生し、後脛骨筋腱が足首内側の膨らみ(内くるぶし)の周囲に沿って曲がっている部分で太くなり、腫れているように感じることがあります。

診断

  • 医師の診察

  • ときにMRI(磁気共鳴画像)検査

しばしば医師は、患者の症状と診察結果に基づいて、これらの病気を診断できます。しかしながら、診断を確定し、腱の損傷の程度を確認するために、ときにはMRI検査が必要になることもあります。

治療

  • 後脛骨筋腱炎に対し、装具または手術

  • 後脛骨筋腱腱鞘炎に対し、抗炎症療法

後脛骨筋腱炎では、靴の中に器具(装具)を入れ、足首の関節の装具をサポートのしっかりした靴やブーツとともに着用するだけで、通常は十分です。腱が完全に断裂している場合は、正常な機能を回復させるために、手術で治療します。腱が突然断裂した、若い活動的な人には、特に手術が重要です。

後脛骨筋腱腱鞘炎では、安静にして、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を用います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP