Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

内側足底神経と外側足底神経の絞扼

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

内側足底神経と外側足底神経の絞扼は、痛みを生じる、かかとの内側にある神経枝(足底神経の内側枝または外側枝)の圧迫です。

骨、靱帯、その他の結合組織の間で、神経枝が締めつけられ(圧迫され)、痛みが生じます。足首の動きや特定の靴や運動(ランニングなど)によって、締めつけられている神経の圧迫が強くなると、痛みが悪化します。

足の問題の概要も参照のこと。)

症状

内側足底神経や外側足底神経の絞扼の症状には、歩いても座ってもほぼ一定に続く痛みがあります。ただ立っていることさえ、しばしば困難になります。痛みは、慢性の場合が多く、治療が難しく、ランニングなどの衝撃の強い活動で悪化します。神経が圧迫されるときによく起こる、焼けつくような感覚、しびれ、チクチク感は、通常、内側足底神経や外側足底神経の絞扼では起こりません。

診断

  • 医師の診察

内側足底神経と外側足底神経の絞扼の診断は、患者の症状と診察結果に基づいて下されます。

治療

  • 副木、装具、理学療法

足を動かないようにする器具(副木など)や靴の中に入れる他の器具(装具)、さらに理学療法と神経を極低温にする治療(凍結療法)が役に立つことがあります。

これらの治療で効果がない場合、神経の感覚を失わせるアルコール溶液の注射や、神経の圧迫を解除する手術を行うと、痛みの軽減に役立つことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP