Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

中足趾節関節痛

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

足の指の付け根の関節(中足趾節関節)の痛みが、その関節の内部から生じることがあります。

  • 症状は痛みや腫れなどです。

  • 診断は症状と足の診察結果に基づいて下されます。

  • 装具や特殊な靴が、痛みの軽減に役立ちます。

足の問題の概要も参照のこと。)

中足趾節関節痛は、足の指の付け根の痛み(中足骨痛)の一般的な原因です。

原因

中足指節間関節の痛みは、一般に関節表面のずれから生じ、それにより関節の内壁が圧迫され、関節の軟骨が破壊されます。

中足指節間関節の痛みは、関節に炎症を起こす病気(関節リウマチなど)によって生じることもあります。関節リウマチでは、つちゆび(ハンマートゥ)が発生することがあり、それにより、関節痛と関節のずれが悪化することがあります。脂肪組織は、体重を支えるときに関節の衝撃吸収を助けますが、足の指の下で押されて前に動くことがあり、その結果、足の指の付け根の緩衝作用が失われます。これは多くの人で、加齢につれて正常なものとして起こりますが、例えば、ランニングやウォーキングをやりすぎることなどによって、足の指の付け根に負荷や損傷が繰り返し発生すると、痛みが出やすくなります。緩衝作用を失うと、足の神経の損傷たこや小さな滑液包(液体で満たされた袋)の発生につながることがあります。

中足趾節関節の痛みは、変形性関節症や足の指の付け根の関節が硬くなることから生じる場合もあり、多くは親指の関節に発生します。このような病気の患者は、体重を支えたり、歩いたりするときの足の動きに異常がみられます。

症状

歩くと痛みます。関節を覆う皮膚を触れると、軽く熱をもっているように感じられることがあり、腫れていることもあります。時間が経つにつれ、痛みとこわばりによって生活に支障をきたすことがあります。

診断

  • 医師による足の診察

医師は通常、患者の症状と診察結果に基づいて中足趾節関節痛を診断できますが、感染症や関節炎が疑われる場合は検査を行います。

治療

  • 装具

通常、装具(靴の中に入れる器具)によって、中足趾節関節痛を効果的に治療できます。普通よりも厚底で、かかとの部分が丸い靴(ロッカーソールと呼ばれる)も、圧迫と異常な動きの軽減に役立ちます。ときに、これらの手段で効果がないときは、手術が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP