Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

フライバーグ病

(Freiberg病)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

フライバーグ病は、足の指の付け根にある骨の一部、通常は親指の隣の指の骨(第2中足骨頭)の組織が壊死する病気です。

足の問題の概要も参照のこと。)

フライバーグ病は、足の指の付け根の痛み(中足骨痛)の一般的な原因です。原因は骨の損傷です。この病気は通常、思春期の急速に成長している女児、または足の親指の付け根についている骨(第1中足骨)が短いか第2中足骨が長い人に発生します。いずれの場合も、ダンス、ジョギング、ランニングなどをしているときに第2中足骨頭に繰り返し負荷がかかることがあります。

症状

通常痛みは、体重がかかるとき(特に足を蹴り出すとき)や、かかとの高い靴の着用時に悪化します。関節が腫れてこわばることがあります。

診断

  • X線検査

医師は、X線検査をしてフライバーグ病の診断を確定します。

治療

  • コルチコステロイドの注射

  • 履物の変更または装具の使用

  • まれに手術

痛みを伴う急激な悪化を軽くするために、コルチコステロイドを注射して、患者には安静にして足に体重をかけないよう指示することがあります。

かかとの低い、あるいは普通より厚底でかかとの部分が丸い(ロッカーソールと呼ばれる)靴や、足の位置や可動域を変えて患部の関節や痛みのある部位の圧迫を軽減する、足底板などの靴の中に入れる器具(装具)が役立ちます。

まれに、抑えることが難しい痛みを緩和するために、第2中足骨を手術で取ることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP