Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

バニオン(腱膜瘤)

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

バニオンでは、足の親指の付け根の関節が突き出ているように見えます。

  • 関節の位置や運動の異常によって、足の親指と足をつなぐ関節が、変形して大きくなる、あるいは大きくなっているように見えることがあります。

  • 痛みと腫れが、その関節の内部、または全体に生じることがあります。

  • 診断は、症状と診察結果に基づいて下され、ときに関節液の検査も行います。

  • 靴を変えるか、関節への圧力を分散し、軽減するのに役立つパッドや装具を、靴の中に入れるか、またはそうした対策を組み合わせることが、通常は役に立ちます。

足の問題の概要も参照のこと。)

バニオンは、足の親指や、それにつながる骨の位置がずれると発生します。

足の親指の付け根が異常に足の外側に突き出し、親指の先が足の内側(足の人差し指の方向)を向いている場合は、外反母趾(がいはんぼし)と呼ばれます( バニオンを伴った外反母趾を参照)。外反母趾はバニオンを引き起こします。

バニオンができる要因としては、足の過剰な内がえし(回内)、つま先のとがったきつい靴の着用、ときにけがなどがあります。変形性関節症が起こり、骨棘(こつきょく)が形成されることがあります。変形性関節症は、関節の瘢痕化を引き起こし、足の可動域を制限することがあります。きつい靴を履いていると、関節が腫れることがあり、しばしば滑液包(液体で満たされた袋)ができて痛くなります。ときとして、痛風によってバニオンに発赤、痛み、腫れが生じる発作が、突然起こることがあります。

症状

バニオンでは、幅が狭すぎたり、きつすぎたりする靴を履いているときの関節痛が、最初の症状の場合があります。その後の症状には、患部がだんだん大きくなる;関節がでっぱる部分の痛み、熱感、発赤を伴う腫れ(滑液包炎);関節全体の腫れと痛みなどがあります。通常は、関節の動きが制限されます。

バニオンを伴った外反母趾

外反母趾とは、足の親指の付け根が異常に足の外側に突き出し、親指の先が人差し指の方に向かって傾いた状態のことです。

バニオンは、外反母趾変形によって足の親指の付け根が大きくなったものです。

滑液包(液体で満たされた袋)が、関節上にできて痛くなることがあります。

バニオンを伴った外反母趾

診断

  • 医師の診察

  • ときに関節液の検査

通常、バニオンの診断は、症状と診察所見に基づいて下されます。診断が不確かな場合は、X線検査を行います。

関節に痛み、腫れ、発赤がある場合、感染性関節炎や痛風を検出するために、ときに足の指の関節から関節液を吸引(関節穿刺)して分析することがあります。複数の関節が侵されている場合は、複数の関節に腫れと痛みを引き起こす病気を診断するための検査を行います。

治療

  • 幅の広いつま先、バニオン用パッド、装具

  • ときに手術

つま先部分の幅が広い靴を履くことで、軽度の不快感は、著しく改善することがあります。改善しなければ、たいていの薬局で販売されているバニオン用パッド(外反母趾保護パッド)で、痛みを感じる部分を保護できます。装具(靴の中に入れる器具)も、侵された関節から圧力を分散し、軽減するのに役立ちます。

これらの方法で効果がない場合や、幅の広い大きな靴や装具は見た目が悪いために患者が使用したがらない場合は、手術(バニオン切除術)を考慮します。

ときには、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を服用するか、コルチコステロイドを単独で、または麻酔薬とともに注射すると、痛みと腫れを抑えるのに役立つことがあります。

ときには、滑液包の中の液体を針で除去します(穿刺吸引)。

関節にこわばりがある場合はストレッチ運動が役立ち、ストレッチ運動を行う際に、筋けいれんを軽減するために麻酔薬の注射を必要とすることがあります。

ときには、瘢痕組織を切り離し、骨の配置を改善する手術が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP