Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

うおのめとたこ

執筆者:

Kendrick Alan Whitney

, DPM, Temple University School of Podiatric Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

うおのめは、足の親指以外の指の甲側の上面によくみられる皮膚の硬い円錐形の隆起で、特に関節の上に多くみられます。たこは、幅の広い平らな皮膚の肥厚で、通常は手のひらや足の裏にみられます。

  • うおのめは痛みや圧痛を伴う場合がありますが、たこは通常は無症状です。

  • 診断は、うおのめやたこの見た目と場所に基づいて下されます。

  • うおのめやたこを切除、角質溶解剤の塗布、定期的に足の専門医のケアを受けることが役立ちます。

足の問題の概要も参照のこと。)

うおのめとたこは通常、摩擦や圧力が原因であり、特にきつい靴や、足に合っていない靴を履いている人に起こります。

うおのめは、つちゆび(ハンマートゥ)などの足の指の変形を原因とする場合は、足の指の最も高いところや指先にできることが多いですが、最もできやすいのは、足の指の関節がある最も高くなったところです。このような場合は、硬いうおのめができます。足の指の間にできる場合は、柔らかいうおのめができます。うおのめの大きさは、豆粒程度の場合もあれば、それよりやや大きい場合もあります。

たこは、足の位置どりが悪く体重が正しく分散されないことが原因で、足の指の付け根によくできます。たこは、圧力が増加している足の側面にもできます。

症状

うおのめは、圧力がかかると痛みや圧痛を伴う場合があります。液体で満たされた袋(滑液包)がうおのめの下にできることがあります。

たこには通常、症状はありません。しかし、極端な摩擦がある場合は、たこが厚くなり刺激感を生じ、それにより軽い焼けつくような感覚(灼熱感)が起こったり、ときに足の神経の損傷によって生じる痛み(趾間神経痛)に似た痛みが起こることがあります。

診断

  • 医師の診察

医師は、見た目と発生した場所に基づいて、うおのめとたこを診断します。

治療

  • 除去

  • 角質溶解薬

  • パッドおよび装具

厚くなった皮膚を除去するために、患者は入浴直後に爪やすり、エメリーボード、または軽石を使うことができます。角質溶解剤(皮膚の一番上の層を柔らかくゆるくし、剥がすのを助ける薬剤)を患部に塗ることもできます。

患者は、うおのめを予防し、すでにあるうおのめの治療に役立てるために、患部の圧力を分散する緩衝材や器具を使うことができます。様々なパッド(例えば、フェルトや厚手のコットン、フォームラバーでできた保護用包帯)や靴の中に入れる器具(装具)、またはパッドやサポートを備えた他の足底板が、圧迫の軽減に役立つ可能性があります。痛みのある部位の下で靴の一部に穴を開けてくぼませることも、圧迫や痛みを軽減するのに役立ちます。

足の専門医による定期的なケアが、うおのめやたこが生じる傾向のある人の助けになります。適切な足のケアが大切です( フットケアを参照)。

正常な神経の機能が障害される病気(ニューロパチー)や血液の循環が障害される病気(糖尿病など)があると、皮膚が損傷したときに、足に傷口の開いたびらん(潰瘍)が発生するリスクが高まります( 糖尿病と足を参照)。そうした潰瘍が、感染することもあります。これらの基礎疾患をもっている患者では、医師がうおのめやたこを手術では治療しないことを選ぶ場合があります。その場合、患部にかかる圧力を減らす特殊な靴や、足底板が必要かつ有益なことがあります。

患者は、自宅で自分の足に潰瘍がないかを見て確かめる方法と、潰瘍を予防する方法を学ぶべきです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP